Jump to the footer menu

studio unseen

About

ごあいさつ

ドアを空けて階段を降りると、そこには新しい学びの喜びが息づいています。演劇は人と人とのエネルギーの交換を。ヴォイスは魂の響きを、音楽は空間に自由への喜びを奏でます。目に見えないものに質感を持ち、信じ探求してゆく。studio unseenはそんな空間です。

何のスタジオ?

studio unseenは演劇とヴォイスの学びのスタジオです。演劇は、アメリカの3大演劇講師の一人、ステラ・アドラーの演劇理論に則ったレッスンを行なっています。また、ヴォイスは、呼吸法に始まり心技体の各方面からのイマジネーションワークを取り入れたレッスンです。

いずれも長期クラスは週1回、2時間半を約1年かけて学ぶコースになります。また修了時には、各レッスンごとに発表の場を設けています。その他随時ワークショップ等を開催しています。

少人数で基本をきっちりと学ぶことを大切にして、時間をかけて創り上げられる学びの空間では、自分自身の存在そのものが変わってゆくことを実感できるはずです。

誰が学ぶもの?

輝くアクターとなるには、身体、声、心の3つをトレーニングし続けることが重要であると、ステラ・アドラーは、強く主張しています。ステラ・アドラー演劇は、真の演劇を追求したい方へのレッスンです。

リンクレイター・ヴォイスワークは、声はもちろん、コミュニケイションに興味がある方ならどなたでもおすすめです。アクター、アナウンサー、セラピスト、リーダーシップを求められるマネージャー、声優志望、講演やプレゼンテーションを行うスピーカー、主婦といった方々が受講されています。

舞台、映画、TVなど、アクターとして広く活躍の場を目指す方は、演劇もヴォイスも実りあるクラスになることは間違いありません。

アーティストたち

演劇とヴォイス、そして身体への探求... 大いなる学びへの第一歩は、その場に居て、そして聴くことです。では、それはどこからスタートしたらいいのでしょうか?studio unseen では、メイン講師の登坂倫子を中心に、それぞれのエキスパートがゲスト講師として並びます。

鋭敏な知覚を持った身体を養うワークとして、アレクサンダー・テクニーク、舞踏、ダンス・シアターを取り入れています。ヴォイスワークやサウンドムーブメントは呼吸法からスタートするので、声(音)を出すだけでなく、聴く力も培います。

講師紹介

© 2005-2017 studio unseen.