Jump to the footer menu

studio unseen

Noriko's Blog

3月22日までの歩み その6

CIMG2746

 

「登坂さん、このたびの一世田谷パブリックシアター般公募に、応募ありがとうございました。」

へ〜、こんなふうに応募者全員に電話して結果報告するんだな、企画側も大変だな….などと思いつつ、次の言葉を待ちます。

「残念ながら、今年度の作品は◯◯劇団の◯◯◯◯と決まりました。」

あ〜、まあそうだろうな。

でも、内心ちょっぴりがっかりしつつ、

「そうですか、どうもありがとうございました。」

受話器を置こうとすると、

「待って下さい。じつは、登坂さんの「A Thousand Cranes 〜禎子と千羽鶴〜」は最後の2作品まで残りまして…」

「!……. 」

「特に最初の戦争の足音のなど、力強い表現があり、高く評価されました。選考委員の中には強くこの作品を押す人も何人かいて、最後の最後まで揉めました。」

 

落選への落胆よりも、私にとっては、この「高く評価された」という言葉だけがこだまして、

そうなんだ、自分が書いたものが、高く評価されたのだ。

当時は、息子二人連れて、まったく先の見えない時だったので、嬉しくない訳ありません。むしろ救いの言葉でありました。

涙声になってしまって、何度も何度もお礼を言って、

担当の方が電話を切ろうとした時、

「あ、ちょっと待って下さい。1つ聞かせて下さい。その劇団の作品と、私の作品の、採用不採用の最後の一点は何だったのでしょうか?」

 

答えは、「一点、公的な場所で、ヒロシマという言葉が直接的過ぎるということです。もっとなにか比喩や暗喩を持って

抽象的に表現されていれば……」

 

電話を切ったあとも、私は単純に喜んでいました。ポカンとしているとしとたかの前で、泣きながら、「やった〜!!やった〜!!」ダンスを踊ってしまっています。

そして、ふと思うのでした。

 

なぜ、ヒロシマだとイケナイのかしら?

 

ここで、私が言いたいのは、公的な場所への避難ではありません。たしかに、様々な作品が

そういった見事な比喩的な表現を成功させて、メッセージを送り出しています。

ただ、私の疑問は、このように移行します。

 

でも、直接的な、わかりやすい表現でもいいのではないかな?

 

その後、私は世田谷区の中学校や、区民センター、江戸川区の平和団体など、

オファーがあれば、どこでも飛んでいって、上演し続けました。

が、問題は……

 

予算が無い。

 

上演の機会があればあるほど、良いものをつくりたい欲求が高まるのと、予算が無いという現実。

この頃は、ひとり親として区からも助成してもらっていましたし、

それでも、上演の依頼をもらえば、持ち出しでもなんでもこっちを優先してしまう己。

 

そんな時に、初めてのスポンサーの可能性が出てきました!

そのプロデューサーは、意外なところにいたのです!

 

それは…..

 

 

 

 

© 2005-2017 studio unseen.