Jump to the footer menu

studio unseen

Noriko's Blog - 月別アーカイブ: 2015年3月

Back to Blog Top

3月22日への歩み その11

スキャン

故・渡辺武雄元名誉理事。音楽学校ではモダン・ダンスを習っていた私達は、渡辺先生と慕っていました。

先生は、「宝塚は故郷、家族のようなもの」と常々おっしゃっていて、その生涯を同窓名簿の編纂を使命とされ、

尽力を尽くされました。それは、日本国内だけでなく、アメリカに渡った元タカラジェンヌの名簿も作っていらっしゃいました。

ロサンゼルスで子育て真っ最中の私に、ある時お手紙を下さって、「登坂くん、アメリカにも、宝塚の先輩がいるから、お姉さんのように慕って、宝塚の繋がりを大切にしなさい」と、アメリカ版宝塚同窓名簿を送って下さったのです。

当時はまだそんなに海を渡ったジェンヌの消息はわからず、印刷にして1〜2枚だったと思います。

私は、文字通り、その後その宝塚の大先輩方に、それはそれはお世話になって、今でもその繋がりは宝物です。

特に、時凡子さまは、男の子二人かかえた私が、演劇学校に通っている頃、何度も息子を預かって下さり、母のように姉のように助けてくださいました。

 

その演劇学校時代、9.11直後のロサンゼルスで、ヒロシマの子供劇を上演するとき、私は頭を抱えました。アメリカの子供たちにどうやってこの劇を伝えたらいいのだろう。

主人公は白血病で死んでしまいます。ですが、悲劇だけを伝えるには、無理がありました。アメリカの子供たちは原爆で戦争を終わらせたと学習しています。

日本人の私が被害者的意識を持って演出しても、そこからは何も生まれない。

そうだ、私は宝塚出身じゃないか。音楽や、着物や、日舞、人の心に住む鬼は、引き抜きという舞台上で衣装を変えるということで、表現出来ないかしら….

そして、凡子さんにお願いして、日舞を振り付けして頂きました。

ハリウッドのど真ん中の演劇学校に、凛として着物姿で現れた凡子さんに、ロサンゼルスの仲間たちは、あっけにとられ、

「Noriko, who is she???」倫子、あれは一体誰なの?正座もままならないアメリカ人に、立ち振舞から始まって、

素敵な振りをつけて下さいました。舞台は大成功。1年で13回公演。1000名の貧困地区の子供たちを、無料招待することが出来ました。

 

sdk Hnya best

先に上げた渡辺先生の写真は、私がアメリカから帰国したばかりの2005年のお正月のものです。

これから、どこに行ったらいいのか、何をどうやって始めたらいいのか、まったく0の私に、

「登坂くん、ちゃんと歌劇団に帰国のご挨拶にいらっしゃい。」と、おっしゃって、

劇団内の、ご自身の小さなお部屋に案内してくださいました。

窓も無い部屋です。お正月にしてはあまりにも殺風景。

「登坂くん、君は絵が上手かったね〜。何か描いてくれないか?」

「はい!じゃ、先生、鏡餅を描きます。」

私が描いた鏡餅、先生はえらく気に入って下さって、「こりゃいいや、絵に描いた餅や!」と大笑いされたのが、

ほんとに懐かしい思い出です。

ご自身がアメリカでダンスを学ばれた頃や、ビデオも無い時代に地方の山奥までオープンリールを抱えて、伝承民謡や民舞を

身振り手振りで記憶して舞台に上げたときのお話などを沢山してくださって、

「登坂くん、いつも、ホワ〜イ?WHY? 何故?と考えることだよ」と、少年のようなキラキラした瞳でおっしゃったのです。

 

渡辺先生が繋いでくださった、凡子さんとのご縁。先日、凡子さんよりお便りと小包を頂き、

ご自身が在団中に着ていらしたお着物を3枚、私に送って下さいました。

どれも、それは美しいお着物です。ありがたく頂き、

22日はそのうちの一枚を着させて頂こうと思います。

初演から14年。旧小阪邸の美しい日本家屋そのままを残したその空間には、

きっと着物が映えると思います。

IMG_5467

追記:凡子さんと高尾山に登ったことがあります。小さい頃に、疎開されていたそうで、

ああ、この川、この道、このお店!と、それはそれは懐かしそうにされていました。

戦争中はせっかく音楽学校に合格しても、舞台に立てなかった宝ジェンヌも

沢山いたと聞きます。

 

さて、当日まであと5日です。

では、いよいよ…..

3月22日まで歩み その10

IMG_4065

 

和穂……エッセーを書いた伯父の名前

幸子……私の母

まさお….私の父

康子……到底一言では言えない私の恩人

たかし…..父母の死後、お世話になった叔父

ちょっと、私のお楽しみで、登場する子供には、激動の昭和を生きて、もっと生きて欲しかったのに、さっさと天国に行ってしまった

懐かしい人たちの名前を付けちゃいました。

最初の本読みで、その子たちがしゃべり、動き始めたときは、時空をさかのぼったような不思議な気持ち。

 

太郎くんというのも出てきますが、子供の代表のような気持ちで「太郎」と付けました。

一生懸命がんばっている彼が、人をいじめたり、殴ったりしてしまう背景には、何があったのか、想像してもらえるように。

そして、4ヶ月のレッスンを経ての、東都生協の平和のつどいでの劇は、おかげ様で、沢山の子供さん、

スタッフ、お母様たちも協力してくださり、無事上演することが出来ました。作品のモデルになっていただいた

小原玲さんにも写真とトークを、そして音楽は素敵なオーボエ奏者のtomocaさん。

丁度このblogも、その頃の様子をお知らせしたくて、始めたんでしたっけ。

もうかれこれ5年前ですね…….

 

第二次大戦中の疎開先の場面

t02200165_0640048010665604416

20100724heiwa004

終わってみて、振り返ると、当時は言いたいこと、やりたいことがありすぎて、少し欲張りすぎたような気もします。

そして、時を経て、世田谷区の古民家、旧小坂邸に足を踏み入れた時、

ああ、この廊下を学童疎開児童の子供たちが動き回るような劇ができたらおもしろいだろうな

と、思っていたので、

今年戦後70年、思い切って「unseen〜あんしぃ〜ん〜」を、学童疎開児童の部分だけ抜粋して、朗読劇に書き直してみました。

 

今回の出演者は、私のスタジオに来てくれているアクターたち、一緒にヴォイスワークをやった

高校の先輩や同級生、そして、息子が小学校の頃から読み聞かせやPTA仲間の地域のママたち

そして、子供さんも協力してくれます。なんだかいろんな人が集まっていますが、

いいアンサンブルになってきています。

IMG_3981

 

この地域ママたちのテリトリーは多摩川の河原。

私が知っている多摩川の河原ではいつも、

多摩川で遊ぼう

多摩川で食べよう

多摩川で観察しよう

多摩川で何かを作ろう

そんな言葉が通例なのです。

悲しい言葉が続くことのないように、子供たちの居場所を作っている人たちです。

 

さて、次は当日の衣装のお話をしようと思います。

それは…..

 

3月22日までの歩み その9

DSCN5661北海道です!知床です!防寒着はすべて借り物。

アウトドア無縁の私、極寒の地に行くとわかっていて、薄手のセーターとちょっとしたジャケットでたかをくくっておりました。

(大反省)

あくまでも劇の取材だからと自分に

言い聞かせてますが、すっかり一面の雪と氷にウキウキであります。

この旅に出かける前、たかが荷物にゲームを入れようとしていたのを、

私はせっかくの大自然なのだからと、やめさせようとしたのですが、

アザラシ番長の小原さんは、「あ〜、登坂さん、持っていかせなさい。どーぞどーぞ」

とにかく、日頃ほったらかしの我が息子。ゲーム三昧の日々に、これでいいのかと悩む日々ではありましたが、ならば、持っていかせましょうと

出発しましたこの旅です。

たかは、「はい、これはたかくん」と手渡されたすごい望遠レンズ付きのカメラに大感動。バシャバシャと撮り始めます。

P1050386

小原さんは、著書「流氷の伝言」に、ご自身の子育ての体験や、子供たちが

「好き」を見つけてゆくことの大切さを書かれています。

ですから、たかがとにかく興味を持ったものを撮り始めるのが、私もおもしろく、

たとえば、雪の中の鹿の死骸にものすごい関心を示すわけですね。

死体、バシャバシャバシャ!

そして、アザラシツアーの一行は、もちろん、アザラシの赤ちゃんの写真をとるべく、

現地の方の舟に乗って、流氷を探すべくオホーツク海に出てゆくのです。P1050795

P1050480 2

それにしても息子、プロの方たちに、「う〜ん、いい写真撮るな〜」なんて言われながら、ひたすら無心に撮ってます。トド見つけたときは、舟の上から「トドだ〜!」って、バシャバシャバシャ!

いい表情とるじゃないのと、母感心。

これは、文字通り流氷の上に乗っけてもらってます。氷の下は水温間違いなく氷点下。

落ちたら心臓麻痺で死んじゃう温度。ひえ〜….でも、アイヌにアザラシ猟を習ったという漁師の方はオホーツクの海を知り尽くしていらして、

この方のガイドなら間違いない。人が乗れる氷がわかるらしく、その上をぴょんぴょん飛んでいらっしゃいました。

フリーランスのカメラマンという方は、ほんとにこういった準備は用意周到なのだと実感しました。大自然を相手にするということは、自分の力ではどうにも出来ないものを相手にするということなので、そこには、一切の奢りも油断も許されないのですね。

P1050734常に笑いにみちた撮影の旅ではあっても、彼らは、そこは絶対慎重に事を運ぶというのも、わかりました。

 

P1050745実際、流氷は昔のようにはなくて、ああ、もうアザラシの赤ちゃんには会えないのかな…劇をつくるときには、子供たちには、流氷は無くてね….なんて、事実をお話することになりそうだとおもってたら、いました!いたのです。オホーツクの海、一面の流氷に、一匹の赤ちゃんが!

P1050611

P1050673

 

 

 

 

 

 

 

大自然、一面の氷の上に、ポツネンといた野生の赤ちゃん。

”命”という孤独を見たような気がしました。

それでも、お顔は可愛いのです。

バシャバシャバシャ、息子は無心にシャッターを切っています。

 

小原さんは、講演会で子供に絶滅の危機にある動物の話をしたあとに

作文を書いてもらうと、みんな地球防衛軍のような内容になってしまうとおっしゃいます。

「地球を守りたい」「自然を守りたい」

しかし、まずは、トンボが「好き」アザラシの赤ちゃんが「好き」….自分の「好き」を見つけ初めて、それを守りたいに繋がると。

「平和」の劇を小学校や中学校で上演したときも、アンケートを必ず取っています。するとほとんどの意見は

「かわいそうだった」「戦争は無くなって欲しい」という内容です。

でも、ある生徒さんが書いてくれた言葉が印象に残っています。

「禎子さんが白血病になっても、楽しいことや嬉しいことがあって、良かったと思いました。」

「戦争」=「悲しい」という感想を今を生きている子供たちに求めるのは、大人の勝手のような気もします。

私も「好き」だから劇をやっているのです。

楽しい旅でありました。

そういえば、帰りの最後の最後まで、たかは持ってきたゲームは一度も開きませんでした。

ゲームよりもおもしろい事があったからです。

 

さて、いよいよ脚本をまとめます。

悲しいだけじゃなく、子供たちが生き生きとして、「好き」なことをみつけるような内容にしよう。

まずは登場するこどもたちの名前はどうしようかな…..

それは……

 

 

3月22日までの歩み その8

IMG_4026

 

「一日を愛し、一年を憂い、千年に思いを馳せる」

桃井和馬さんが次世代に伝える言葉として著書にかかれていた、ご本人の承諾を得て、これを全体のテーマに決めました。一日と、一年と、千年の3つの時間軸が融合するような話。最後は融合して悠久の流れ。

世田谷パブリックシアターの助言、「抽象的な表現のほうが大きなメッセージを伝えられる」ということも頭のどこかにありました。

千年は抽象的な表現でいこう。

そして、一年は、一年は……伯父のエッセーのラストに繋がるような子供たちの一年…..

 

学童疎開だ!

 

そうだ、息子のトシ達6年生が作った劇は「学童疎開」」だったじゃないか!

丁度その年は、2009年 戦後65年ということで、東京新聞に毎週日曜日に「焦土からの出発」が連載されていました。編集委員の田中哲男さんが、当時の様子を取材して、記事にしていらして、毎回毎回、力強い内容でした。

その最終回は、「秋保温泉 疎開物語 正座してわびた恩師たち」

私が合致したのは、この記事です。IMG_4027

しかも、願ってもない、田中さんは記事の中で学童疎開を体験した方達を

探し当てて、取材しています。この人たちに会って話を聞かなくちゃいけない!

東京新聞社につてなどありませんから、直接電話していきなり突入、田中哲男さんに会いに行きました。

田中さん、ありがたいことに、ご自身が取材した方たちを呼んで下さり、

私はその数日後に学童疎開体験者の皆さんに会って取材することが出来ました。

私が知りたかったのは、当時の子供たちがどんな事を感じて、どんな事を体験したのか。

8月15日のその日、何を感じて、何を思ったのか。

みなさんからの答えは、じつに素朴で単純な事でした。

戦争が終わったから、悲しかったかというと、そうではない。よくわからなかったのが本当です。それよりも、女の子は、「スカート履きたい!」って思ったり。

 

テーマの中の「一年」がなんとなく形が見えて来ました。では、「一日」は、キャストとは別の、一般の人が

劇中淡々と、「一日の幸せ」を語ってもらうのはどうだろう。

ひとりは母親、ひとりは子供、そして三人目は、この取材で

出会った、学童疎開体験者の中村雅俊さんに、8月15日の一日を語ってもらう。

雅俊さんは、偶然にも、私が小中高を過ごした湘南の藤沢の方でした。取材のために、故郷藤沢に行けるのも、私の楽しみ。

まるで亡くなった父母が引き寄せるようです。IMG_3736

 

因みに、中村雅俊さんは今回の3月22日の朗読劇にも出演してくださいます。先日、5年ぶりに藤沢でお会いしました。お元気でいらして、出演を快諾して下さいました。

さて、パズルはどんどん埋まってゆきます。

では、「千年」のテーマはどうするか、どういう話を織り込んでゆくか。

 

丁度、桃井さんからのお知らせで、写真家の方たちのプロジェクト

「Eye Witness」という企画があるというので、行ってみることにしました。

当時、何人かの写真家の方たちが集まって、その写真とトークで、

この地球に何が起こっているのかを、お話されるというのです。

そこで、アザラシの赤ちゃんを撮っていらっしゃる動物写真家の小原玲さんが話されて、流氷が溶けて、赤ちゃんが育たない実情を離されました。

地球の気候が変わってしまい、氷が無いのです。千年後の地球には流氷もアザラシもいないのではないでしょうか…..

 

千年の時間軸で写真家とアザラシの生み育てる母が対話しつつ……

 

イメージが浮かんだら、いてもたってもいられません。

小原さんに聞きました。

「すみません、小原さんがアザラシの赤ちゃんを撮っていらっしゃるところを取材したいのですが」

みなさん、冗談と思うかもしれませんが、普段は節約して家族旅行で温泉すら行かない私が、劇を作る取材だからと、流氷のある、カナダのマドレーヌ島まで往く決心をします。

が、

その年は、いい流氷が出来てなくて、ツアーはキャンセル。

飛行機チケットまで取ったのに、がっかり。

ところが、小原さんが電話でこうおっしゃいます。

「登坂さん、まだ可能性はあります。知床の流氷があるかもしれません。」

 

息子たちに私は小さい頃から、キャッチボールとか、キャンプとか、父親なら得意だろうという類の事はやってあげたことがありません。

アウトドアは無縁。男の子にとって、冒険とか大自然との体験とか、させてあげたいと思いながらも、私にそういった興味がないから、

無縁でした。知床の流氷!これは絶好の機会。としは何かの用事で行けなかったので、たかを連れてゆくことにしました。小原さんのアザラシの赤ちゃんの写真の取材には、

アザラシに魅せられた方たちが全国からカメラ持って集まります。私が知りたいのは、アザラシの赤ちゃんを撮る写真家です。目的は違っても、

ちゃっかり私はそのツアーに息子ともども入れてもらうことにしました。

この旅はほんとに私とたかにとって、忘れられない旅になります。

それは……

 

 

 

3月22日まで歩み その7

CIMG2593

中村紀子さん。

お母さん、主婦 世田谷区在住。

たまたま地元中学校体育館でやった「A Thousand Cranes〜禎子と千羽鶴〜」を観てくださっていました。

 

毎年手作り味噌を作っちゃう紀子さん。

じつは、東都生協の当時は理事をされていて、

「平和のつどい」という企画プロデューサーであったということを知ったのは、

知り合ってだいぶ経ってからの事でした。

あとから、聞けば、息子がお世話になっている小学校のPTAヴォランティア

読み聞かせグループの「モーニングスープ」の発起人。

紀子さんが私の活動を見つけて下さったのも、

「二子玉川生活」というblogで、地域情報を発信している主婦の方の情報。

舞台活動からかけ離れて子育てしていた私に、結果舞台に作品を

乗せるチャンスを下さったのは、この二子玉近隣を愛している地域の

お母さんパワーでありました。

東都生協から予算と劇場を提供される企画の初ミーティングは

地域の図書館の上の和室だったと思います。

 

ところが、この企画は企画会議で、却下。

流れてしまいました。

しかし、紀子さん、粘り強い!

もう一年たって、実現されます。

私にとってははじめての、予算がついた劇となります。

「A Thousand Cranes 〜禎子と千羽鶴〜」の台本を持って

嬉々として、紀子さんに会いに行きます。ところが、意外にも紀子さんはこう言います。

「倫子さん、他の作品でもいいですよ」

 

これまで、同じ作品を扱うにあたって、毎回違った形で

上演してはいましたが、毎年やっていると、どこかで、ああまただ、という甘えと

焦りが生じます。

ちょうど、先にも書きましたが、もろもろ壁にぶち当たってあがいていたので、

これは、嬉しい言葉でした。

最初からのオリジナルを書きたい!!

 

東都生協からの条件はこうでした。

*4月から会員の子供たちで劇をやってみたい子を募集する。

*その演劇体験のまったく無い子供たちを4ヶ月トレーニングして、舞台にあげる。

*「平和のつどい」という企画に付随した作品だから、内容は「平和」をテーマにして欲しい。

 

そうなると、登場人物の人数は最終的には募集してみないとわかりません、しかも、

子供たちが主役の話です。子供たちが男の子も女の子も、20人来ても、5人でも対応出来る内容の必要があります。

 

伯父さんのエッセーだ。あのラストシーンはぴったりじゃないか!!

 

ただ、伯父のエッセーは当時の県立金沢第一中学3年生の男の子たちです。

募集する年齢は小学校中学年から中学生まで。年齢を下げなくてはなりません。

この頃、東京新聞ではおもしろい企画が毎週日曜日に載っていました。

こういう時はパズルが1つ1つ音をたてるようにはまり始める時です。

その東京新聞の記事が、私のやりたいことと、完全に合致しました。

それは……

 

 

3月22日までの歩み その6

CIMG2746

 

「登坂さん、このたびの一世田谷パブリックシアター般公募に、応募ありがとうございました。」

へ〜、こんなふうに応募者全員に電話して結果報告するんだな、企画側も大変だな….などと思いつつ、次の言葉を待ちます。

「残念ながら、今年度の作品は◯◯劇団の◯◯◯◯と決まりました。」

あ〜、まあそうだろうな。

でも、内心ちょっぴりがっかりしつつ、

「そうですか、どうもありがとうございました。」

受話器を置こうとすると、

「待って下さい。じつは、登坂さんの「A Thousand Cranes 〜禎子と千羽鶴〜」は最後の2作品まで残りまして…」

「!……. 」

「特に最初の戦争の足音のなど、力強い表現があり、高く評価されました。選考委員の中には強くこの作品を押す人も何人かいて、最後の最後まで揉めました。」

 

落選への落胆よりも、私にとっては、この「高く評価された」という言葉だけがこだまして、

そうなんだ、自分が書いたものが、高く評価されたのだ。

当時は、息子二人連れて、まったく先の見えない時だったので、嬉しくない訳ありません。むしろ救いの言葉でありました。

涙声になってしまって、何度も何度もお礼を言って、

担当の方が電話を切ろうとした時、

「あ、ちょっと待って下さい。1つ聞かせて下さい。その劇団の作品と、私の作品の、採用不採用の最後の一点は何だったのでしょうか?」

 

答えは、「一点、公的な場所で、ヒロシマという言葉が直接的過ぎるということです。もっとなにか比喩や暗喩を持って

抽象的に表現されていれば……」

 

電話を切ったあとも、私は単純に喜んでいました。ポカンとしているとしとたかの前で、泣きながら、「やった〜!!やった〜!!」ダンスを踊ってしまっています。

そして、ふと思うのでした。

 

なぜ、ヒロシマだとイケナイのかしら?

 

ここで、私が言いたいのは、公的な場所への避難ではありません。たしかに、様々な作品が

そういった見事な比喩的な表現を成功させて、メッセージを送り出しています。

ただ、私の疑問は、このように移行します。

 

でも、直接的な、わかりやすい表現でもいいのではないかな?

 

その後、私は世田谷区の中学校や、区民センター、江戸川区の平和団体など、

オファーがあれば、どこでも飛んでいって、上演し続けました。

が、問題は……

 

予算が無い。

 

上演の機会があればあるほど、良いものをつくりたい欲求が高まるのと、予算が無いという現実。

この頃は、ひとり親として区からも助成してもらっていましたし、

それでも、上演の依頼をもらえば、持ち出しでもなんでもこっちを優先してしまう己。

 

そんな時に、初めてのスポンサーの可能性が出てきました!

そのプロデューサーは、意外なところにいたのです!

 

それは…..

 

 

 

 

© 2005-2012 studio unseen.