Jump to the footer menu

studio unseen

News

2017年5月スタート「ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス」「リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス」「リンクレイターヴォイスアドヴァンストクラス」の受講者募集のお知らせです。

2017年5月21日スタート、「ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス」 「リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス」そして「リンクレイターヴォイスアドヴァンストクラス」各クラス受講者募集のお知らせです。

*ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス

5月21日(日)スタート 2017年12月24日修了予定。

毎週日曜日 18:30~21:00 2時間半 計30回予定。

7月30日、10月29日、10月30日は、お休みです。

月謝:¥16,000円(消費税込み)プラス入会金¥4,000円

クラスは月4回です。

内容:ステラ・アドラー演劇の基本テクニックと戯曲解釈を学びます。彼女はアメリカ1930年代にグループシアターで女優として活躍し、その後、当時パリ在住のスタニスラフスキーに直接に学んだ唯一のアメリカ人です。ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、ロバート・デニーロ、アル・パチーノなど、優れたアクターを育てました。それは、豊かなimagination(創造力)からplace(場所)とaction(動作)を追求してゆくものです。長期クラスではその基本テクニックからスタートし、同時進行でステラの直弟子であるC.ワクスバーグ著のThe Actor’s Script (アクターの戯曲)をテキストとし、戯曲を読み砕き、咀嚼する力(break down)をつけながら、学んでゆきます。最終的には一本の戯曲を理解した上でシーンワークに臨みます。テキストとしてシャンリィの「ダニーと紺碧の海」シェークスピア「ハムレット」チェーホフ「かもめ」など、俳優が学ぶ上で必須の戯曲を使用していきます。

*リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス

5月21日(日)スタート 2017年12月24日修了予定。

毎週日曜日 15:00~17:30 2時間半。計30回予定。

7月30日、10月29日、10月30日は、お休みです。

月謝 ¥16,000(消費税込み)+ プラス入会金¥4,000円

クラスは月4回です。

*リンクレイターヴォイスアドヴァンストクラス

5月13日(土)スタート 2017年7月22日修了予定。

毎週土曜日 15:00~17:30 2時間半。

5月:13,20,27   6月:3,10,24  7月:1,8,22    合計9回

月謝 ¥15,000(消費税込み)

クラスは月3回です。

内容:世界最高峰のヴォイスワークと言われる「フリーイング ザ ナチュラルヴォイス」。スコットランド、オークニー島でのLinklater voice centerには、考案者クリスティン・リンクレイターに、教えを求めて世界中からアーティスト達が集まっています。このヴォイスワークは、緻密に構築された心身のエクササイズはもちろん、解剖学の知識、イマジネイティブな視点、創造的な視点を通してのアプローチによって、各自の声を阻んでいるものに気づきを与え、囚われない声、自由な声に導いてゆきます。3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持ち、クラスを終了したあとでも自分でヴォイスウォーミングアップ(45分)が出来るようにします。まさに、その人自身を、声を通して自由にしてゆくワークです。基本クラスは、声に興味のある方でしたら、どなたでもご参加下さい。

アドヴァンストクラスは、基本長期クラス終了者向けの内容になります。

どちらも、日本人唯一の、クリスティン・リンクレイターから直接教えを受け、国際資格取得講師登坂倫子が直接指導します。

 

講師:登坂倫子

宝塚歌劇団出身。乙原愛の芸名で娘役として活躍。10年目に退団後、1995年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビューし、2003年演出、出演した広島の英語劇「A Thousand Cranes禎子と千羽鶴」では、約1,000名の現地の子どもたちを招待する。2005年帰国後は日本初のリンクレイターヴォイスワークと、ステラ・アドラー演劇の長期クラスをスタート。2011年夏より駒場東大前にstudio unseenをオープン。2012年同スタジオ初labo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。2014年日本人として初のリンクレイターヴォイスワーク国際資格取得講師に合格。

演劇人、近年は、大学のセミナー、また出身の宝塚歌劇団花組公演「ミーアンドマイ・ガール」でも演技指導として、幅広くヴォイス指導を行っている。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

 

場所:studio unseen

〒153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F

お申し込み:HPメールフォームよりお申込み下さい。その際、どのクラスを受講希望かをお知らせ下さい。

http://un-seen.net/form/

ご返答を確実にするため、お電話番号の記入も必須とさせて頂きます。極稀ですが、返信が迷惑メールに入ったり、PCとの不具合で希望者の方に届かない場合があります。受講希望の方と確実に連絡を取るための確認として、ご協力をお願いいたします。

また、受講に関して質問のある方も、どうぞご遠慮なくこちらからお問い合わせください。

ステラ・アドラー演劇、リンクレイターヴォイスクラスの両クラスを受講希望の方は2クラス割引料金となります。希望者の方に連絡させて頂きます。

スタジオへの道順:

studio unseen [153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F]

井の頭線駒場東大前駅で下車。東口の改札を出て、右側の階段をおります。線路を左手に、しばらく歩き、踏切があるので、それを渡ります。渡ってすぐに右に曲がって、線路を右手に道をゆきます。しばらくすると道が下り坂になります。(坂が終わったころ、右手に桁下3.5mと書いた高架があります。)坂が終わってちょっとそのまままっすぐ歩くと、左手に青い自動販売機があります。そこを左に入る角のモダンなドアのある3階建てのお家の地下がstudio unseenです。ドアの前に看板が出ています。

2017年、新たな学びの場を創ることに喜びを覚えます。沢山の出会いを待っています。

studio unseen アーティスティック・ディレクター:登坂倫子

 

アイルランドのリンクレイター国際資格取得講師 Regina Crowley 1日体験クラスのお知らせ

リンクレイターヴォイス国際資格取得講師、レジーナ・クロウリィのヴォイスクラス受講者募集のお知らせです。

アイルランドから、リンクレイターヴォイス国際資格講師Regina Crowley が来日します。

studio unseen で、彼女の教えが実現します。

参加資格者:リンクレイターヴォイス長期クラス経験者。

日時:4月15日(土曜日)15時より2時間

受講料:¥8,000

講師:Regina Crowley

https://www.linklatervoice.com/linklater-community/find-a-linklater-voice-teacher/item/566

Regina Crowley has worked professionally in theatre since the late 1980’s and is a founder member of Gaitkrash Theatre Company. She is a Designated Linklater Voice Teacher and has led workshops both nationally and internationally. She has trained with Yoshi Oida, Enrique Pardo, Lorna Marshall, Bella Merlin, Fiona Shaw, Phillip Zarriilli and the Moscow School of Cinematography among others.

She has collaborated with artists across a number of disciplines including James Coleman. Recent roles include Mouth in Beckett’s Not I and W2 in Beckett’s Play and Juno in O’Casey’s Juno and the Paycock. She lectures in Voice, Performance and Directing at the CIT CSM.

レジーナ・クロウリィは、80年代より劇場での活動を始め、ゲイトクラッシュ劇場の創立メンバーでもあります。リンクレイターヴォイス国際取得講師で、国内でも国外でもワークショップを開いています。笈田 ヨシさん、エンリケ・パルド、ローナ・マーシャル、らとトレーニングを受け、またモスクワフィルムスクールでも活動しています。近年は、ベッケットの作品でも女優として活動しています。

通訳:登坂倫子 リンクレイターヴォイス国際取得講師。

参加希望者はメールフォームより申し込んで下さい。

定員:10名

 

2017年4~5月ステラ・アドラー演劇&リンクレイターヴォイス1日体験ワークショップ受講者募集のお知らせ

studio unseenでは2017年4~5月に、ステラ・アドラー演劇と、リンクレイターヴォイスの1日体験ワークショップを 開催致します。

ステラ・アドラー演劇:4月30日(日曜日)

リンクレイターヴォイスワーク:5月3日(水曜日)4日(木曜日)5日(金曜日)7日(日曜日)

*******

詳細とスケジュール

ステラ・アドラー演劇:

4月30日(日)15:30pm~18:00 pm(2.5hours)

       テーマ:ステラ・アドラー演劇の核、Place Action を体験します。

    場所:studio unseen  153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F http://un-seen.net/studio/map/ 

リンクレイターヴォイスワーク:

#1リンクレイターヴォイス 5月3日(水)13:00pm~15:30 pm(2.5hours)

  テーマ:あなた自身の声への新しい出会い、セネスティージア(共感覚)、ヴォイスポエム

      場所:スタジオPONTE       東京都板橋区大谷口2-33-12

#2リンクレイターヴォイス 5月4日(木)13:00pm~15:30 pm(2.5hours)

       テーマ:呼吸の仕組み、 身体をめぐるサウンド、テキストワーク

  場所:スタジオPONTE       東京都板橋区大谷口2-33-12

#3リンクレイターヴォイス:5月5日(金)13:00pm~15:30pm (2.5hours)

         テーマ:タッチオブサウンド、ハミング、リリース。サウンドを自由にしよう!

  場所:スタジオPONTE       東京都板橋区大谷口2-33-12

  注:#3は、過去のワークショップを含め、#1,#2を受講された方のみ受講可。

#4リンクレイターヴォイス:5月5日(金)16:00pm~18:30pm (2.5hours)

  テーマ:自由になったヴォイス、ハミングトレーニング、フロアーワーク、テキストワーク

  場所:スタジオPONTE       東京都板橋区大谷口2-33-12

#4リンクレイターヴォイス:5月7日(日)15:00pm~17:30 pm(2.5hours)

     テーマ:自由になったヴォイス、ハミングトレーニング、フロアーワーク、テキストワーク

   注:#4は、過去のヴォイスワークショップを含めてリンクレイターヴォイス#1#2,#3を受講された方のみ受講 可。

  場所:studio unseen  153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F http://un-seen.net/studio/map/ 

講師:登坂倫子

宝塚歌劇団出身。星組娘役「乙原愛」の芸名で活動、10年目に退団。1993年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビュー。2005年帰国後は日本初のステラ・アドラー演劇とリンクレイターヴォイスワークの長期クラスをスタート。2010年は初オリジナル作品「unseen~あんしぃん~」を発表。2011年夏よりスタジオunseenをオープン。2012年同スタジオ初lavo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。20147月に日本人としては初めて、リンクレイターヴォイスワーク公認資格講師に合格。2016年には、宝塚歌劇団花組公演「ミー アンド マイガール」では演技指導として参加。並行して自身のスタジオでの地道な教えと表現も続け、幅広い活動を広げている。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

内容:

ステラ・アドラー演劇ワークショップ

 ステラ・アドラーはアメリカ1930年代にグループシアターで活躍し、その後ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、アル・パチーノなど、優れた俳優を育てました。またスタニスラフスキーから演劇を直接学んだ貴重なアメリカ人でもあります。今回のワークショップでは基本エクササイズである、imagination(想像力)place(場所)、action(行動)を追求し、アクターを真の体験に導くワークを行います。参加には、演劇経験は問いません。

HP内ステラ アドラー解説    http://un-seen.net/lesson/stella/

リンクレイターヴォイスワーク

スコットランド人の、クリスティン・リンクレイター氏によって考案された世界的なヴォイスワークです。欧米はもちろん近年は中国、台湾でもこのヴォイスワークの学びは広がっています。彼女は、イギリスLAMDAで学んだ後、1963年にアメリカに渡り「フリーイング ザ ナチュラルヴォイス」を考案します。声を通してその人自身を自由にするヴォイスワークです。リラクゼイション、呼吸の認識にはじまり、心技体のエクササイズから構成され、アクター自身が3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持つことが出来ます。日本では唯一のリンクレイター資格取得講師である登坂倫子が直接指導します。今回の一日体験ワークショップは、3回の構成になっています。1回目#1は声のシステムを基本を理解し、多彩なイメージワークとともに、解剖学的知識も入れて、その人自身の声に出会っていきます。2回目#2は様々な動きに合わせた声の体験を用いて、声を力で出すという概念を一転させるワークを体験します。#4は過去に#1,#2,#3を体験した方向けのクラスです。自由になった声の体感から、フロアーワークに入ります。声の指揮者と言われている、最大の人間の共鳴体=骨。この骨にめぐる声を体感します。最後にテキストワークもあります。

#1,#2,#3ともに舞台俳優はもちろん、声に興味ある方でしたらどなたでも受講して下さい。受講は1回でも2回でも大歓迎です。#4のみ、初心者の方はご遠慮ください。

HP内リンクレイターヴォイス解説  http://un-seen.net/lesson/linklater/

クリスティン リンクレイター ウィキペディア(英語) http://en.wikipedia.org/wiki/Kristin_Linklater

 

各クラスお申込みhttp://un-seen.net/

メールフォームよりお申込み下さい。

受講料:各クラス7,000円。

定員:ステラ・アドラー演劇、#1,#2,#3リンクレイターヴォイスワーク。各クラス定員10名。

   #4リンクレイターヴォイス、各クラス定員5名。

複数クラスの受講について:2クラスご希望の方は14,000円→13,500円、3クラス受講希望の方は、21,000円→20,000円 4クラス受講希望の方は28,000円→26,500円 5クラスすべて受講希望の方は、35,000円→33,000円割引料金とさせて頂きます。HPの、メールフォームよりお申込み下さい。その際、携帯電話番号も必須でご記入下さい。ごく稀ですが、PCからのメールが携帯に届かない場合がありますので、受講者の方との連絡を確実にするためのものなので、ご協力をお願い致します。

何月何日のどのワークショップを受講されるか、はっきりとご明記下さい。

例)5月3日の#1リンクレイターヴォイス受講希望。

例)5月3日、4日のリンクレイターヴォイス#1,#2ともに受講希望。

例)4月30日のステラ・アドラー演劇と、5月3日、4日のリンクレイターヴォイス#1,#2の、3クラス受講希望。

例)5月5日#3,#4リンクレイターヴォイス2クラス受講希望。

例)4月30日のステラ・アドラー演劇, リンレイターヴォイス5月3日#1、5月4日#2、5月5日#3、5月7日#4の、5クラス受講希望。

例)5月7日#4リンクレイターヴォイスのみ受講希望

他、受講方法をもっと知りたい方、興味ある方、質問等、メールフォームよりどうぞお気楽にご連絡下さい。

2017年のゴールデンウイークは、創造的な時間と空間に出かけてみませんか!

新たしい出会い、そして嬉しい再会を楽しみにしております。

 studio unseen アーティスティック・ディレクター 登坂倫子

2つの発表会が無事に終了しました。ステラ・アドラー演劇&リンクレイターヴォイス

3月11日ステラ・アドラー演劇長期クラスシーン発表会

沢山の方にお越しいただき、無事に終了致しました。

 

ウッディ・アレン作「死神のノック」には、私がLAステラ・アドラー演劇学校時代に初めて演出した作品です。その時に冒頭につけたオリジナルヴァージョンもつけて作品発表しました。

ウイリアム・ギブソン作「奇跡の人」からシーンワーク。ステラ・アドラー演劇ではそのキャラクターのバックグラウンドを徹底してリサーチするのですが、アニー・サリバンの手紙を元にした本「ヘレン・ケラーはどう教育されたかーサリバン先生の記録ー」明治図書は、非常に多くを教えてくれました。そして、通常様式のある演技をする機会が少ない生徒たちが、衣装、髪型、動作にもその時代考証をしっかりとして、役に臨むことを課題としました。

ダニエル・キイス作「アルジャーノンに花束を」からはシーンを抜粋して一つの作品に仕上げました。俳優であれば、一度は挑戦してみたいと思うこの名作。切ないまでに人間の悲しさと美しさを描いています。これを指導するにあたっては、音楽の力を大切にしました。生徒によっては、言語よりも、色彩であったり、音で感性を開いたほうがより可能性を引き出せることがあります。この作品を課題にした生徒にとって、感覚器官をフル回転させて、頭で考えがちなことを、もっと違ったアプローチで触発することで、シーンは最後には大きく動きました。

以上、3つの作品、11ヶ月学びを続けた生徒たちが果敢に臨みました。

生徒が伸びる瞬間は様々ですが、やはりこのように、観客の前で演じる事、

また、発表会という枠で、恐れる事なくチャレンジが出来る環境を作るということは、

大切に思います。

 

12日はリンクレイターヴォイスの発表会、「synesthesia〜共感覚~」です。

最初の40分はリンクレイター国際取得講師の登坂倫子による公開ウォーミングアップです。

その後、生徒自身の心に響いた詩を花束のように集め構成演出してひとつの作品にしたものの発表です。

声が視覚化され、触覚化され、脳内の言語領域と非言語領域は自由に行き来します。

作品はその人の心象です。生徒の声を聴くのではなく、その人自身が聴こえてきました。

 

最後に、今回の2つのクラスの特色は、演技レッスンを受講したメンバーが全員、このリンクレイターヴォイスを一年以上勉強した経験を持っているということでした。いかに、俳優がヴォイスワークの基盤を持つことが大切であるか、声と身体のワーク無くして演技はありえないのです。

今年も、このような実験的な発表会を開催出来たことに感謝です。お忙しい中、足を運んでくださった皆様、応援してくださった皆様、仕込みから当日までサポートして下さったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

リンクレイターヴォイス、ステラ・アドラー演劇長期クラス発表会のお知らせ

3月、春のstudio unseen 発表会のお知らせです。

IMG_6879

毎週行われているステラ・アドラー演劇基本テクニーク&戯曲解釈クラスそして、

リンクレイターヴォイスワーククラス、

2017年3月月11日12日に発表会を新宿の画廊で行います。

昨年5月にスタートした2つの長期クラス。11ヶ月の時間をかけて身体、声、精神を網羅したエクササイズ、戯曲を読み砕き解釈を深める力、詩の言葉からの創造の世界を一人一人が表現出来ることを目的に構築してきました。

ぜひご覧下さい!

ステラ・アドラー演劇クラス発表会

日時:3月11日(土曜日)

場所:新宿眼科画廊

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 〔地図
info@gankagarou.com |www.gankagarou.com

*一回目

14時40分開場

15時00分スタート

16時30分終演予定

*二回目

18時40分開場

19時00分スタート

20時30分終演予定

無料

出演者:飯島みなみ、伊藤文雄、佐々木美佳、篠原透平、土居由希子

客演:  佐藤草子 三島武 室園丈裕

演目:

*「死神のノック」by ウディ・アレン

ナット・アッカーマン……伊藤文雄

死神…………..三島武

*「奇跡の人」byウィリアム・ギブソンより シーンワーク

アニー……土居由希子

ケート…….飯島みなみ

キャプテン・ケラー…….伊藤文雄

アルジャーノンに花束を」by ダニエル・キイスより シーン抜粋

チャーリー…..篠原透平

アリス….佐々木美佳

フェイ…….佐藤草子

リンクレイターヴォイスワーク発表会

日時:3月12日(日曜日)

場所:新宿眼科画廊

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 〔地図
info@gankagarou.com |www.gankagarou.com

一回目

13時40分開場

14時00分スタート

二回目

16時40分開場

17時00分スタート

無料

出演者 :飯島みなみ、伊藤文雄、江成美季、佐々木美佳、土居由希子、花里紗知穂、室園丈裕、宮崎直子

内容:

公開ウォーミングアップ…..出演者に向けてのリンクレイターヴォイスのウォーミングアップを登坂倫子の指導により公開します。

poetry 詩の花束…..各自が今の自分の心に響いた詩を選び、それを花束のように一つの作品に仕上げました。

 

総合演出/指導:登坂倫子

宝塚歌劇団出身。星組娘役「乙原愛」の芸名で活動、10年目に退団。1993年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビュー。2005年帰国後は日本初のステラ・アドラー演劇とリンクレイターヴォイスワークの長期クラスをスタート。2010年は初オリジナル作品「unseen~あんしぃん~」を発表。2011年夏よりスタジオunseenをオープン。2012年同スタジオ初lavo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。20147月に日本人としては初めて、リンクレイターヴォイスワーク公認資格講師に合格。2016年には、宝塚歌劇団花組公演「ミー アンド マイガール」では演技指導として参加。並行して自身のスタジオでの地道な教えと表現も続け、幅広い活動を広げている。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

 

場所に限りがありますので、来て下さる方はメールフォームからお知らせを頂くか、または

出演者にご連絡を下さい。

真っ白な空間の眼科画廊。2017年studio unseenの発表の場は何色に染まるのでしょう。

皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。

studio unseen アーティスティック・ディレクター

登坂倫子

 

3月開催!ステラ・アドラー演劇、リンクレイターヴォイス体験ワークショップのお知らせです。

20171日体験ワークショップのお知らせです。

IMG_6599

studio unseenでは20173月に、ステラ・アドラー演劇と、リンクレイターヴォイスの1日体験ワークショップを 開催致します。

ステラ・アドラー演劇:3月14日(火曜日)

リンクレイターヴォイスワーク:3月13日(月曜日)16日(木曜日)26日(日曜日)

*******

詳細とスケジュール

ステラ・アドラー演劇:

3月14日(火)18:00pm~20:30 pm(2.5hours)

       テーマ:ステラ・アドラー演劇の核、Place Action を体験します。

    場所:眼科画廊160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 http://www.gankagarou.com/map

リンクレイターヴォイスワーク:

#1リンクレイターヴォイス第1:3月13日(月)13:00pm~15:30 pm(2.5hours)

  テーマ:あなた自身の声への新しい出会い 、 せネスティージア(共感覚)、ヴォイスポエム

      場所:眼科画廊160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 http://www.gankagarou.com/map

#2リンクレイターヴォイス第2:3月16日(木)11:30pm~14:00 pm(2.5hours)

       テーマ:身体と声を自由に!  テキストワーク

  場所:スタジオPONTE       東京都板橋区大谷口2-33-12

#3リンクレイターヴォイス第3回:3月26日(日曜日)15:00pm~18:00pm (3hours)

     テーマ:自由になったヴォイスを身体の各共鳴体に響かせよう!顎、舌、テキストワーク

 過去のヴォイスワークショップを含めてリンクレイターヴォイス#1#2,受講体験者のみ受講可

  場所:studio unseen  153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F http://un-seen.net/studio/map/ 

講師:登坂倫子

宝塚歌劇団出身。星組娘役「乙原愛」の芸名で活動、10年目に退団。1993年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビュー。2005年帰国後は日本初のステラ・アドラー演劇とリンクレイターヴォイスワークの長期クラスをスタート。2010年は初オリジナル作品「unseen~あんしぃん~」を発表。2011年夏よりスタジオunseenをオープン。2012年同スタジオ初lavo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。20147月に日本人としては初めて、リンクレイターヴォイスワーク公認資格講師に合格。2016年には、宝塚歌劇団花組公演「ミー アンド マイガール」では演技指導として参加。並行して自身のスタジオでの地道な教えと表現も続け、幅広い活動を広げている。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

内容:

ステラ・アドラー演劇ワークショップ

 ステラ・アドラーはアメリカ1930年代にグループシアターで活躍し、その後ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、アル・パチーノなど、優れた俳優を育てました。またスタニスラフスキーから演劇を直接学んだ貴重なアメリカ人でもあります。今回のワークショップでは彼女のドキュメンタリーDVDを鑑賞し、そのあと基本エクササイズである、imagination(想像力)place(場所)、action(行動)を追求し、アクターを真の体験に導くワークを行います。参加には、演劇経験は問いません。

HP内ステラ アドラー解説    http://un-seen.net/lesson/stella/

リンクレイターヴォイスワーク

スコットランド人の、クリスティン・リンクレイター氏によって考案された世界的なヴォイスワークです。欧米はもちろん近年は中国、台湾でもこのヴォイスワークの学びは広がっています。彼女は、イギリスLAMDAで学んだ後、1963年にアメリカに渡り「フリーイング ザ ナチュラルヴォイス」を考案します。声を通してその人自身を自由にするヴォイスワークです。リラクゼイション、呼吸の認識にはじまり、心技体のエクササイズから構成され、アクター自身が3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持つことが出来ます。日本では唯一のリンクレイター資格取得講師である登坂倫子が直接指導します。今回の一日体験ワークショップは、3回の構成になっています。1回目は声のシステムを基本を理解し、多彩なイメージワークとともに、解剖学的知識も入れて、その人自身の声に出会っていきます。2回目は様々な動きに合わせた声の体験を用いて、声を力で出すという概念を一転させるワークを体験します。3回目は過去に1回目、2回目を体験者向けのクラスです。自由になった声をこんどは身体の各共鳴体に響かせてゆきます。

1,2,ともに舞台俳優はもちろん、声に興味ある方でしたらどなたでも受講して下さい。受講は1回でも2回でも、3回ともに受講も大歓迎です。3回目のみ、初心者の方はご遠慮ください。

HP内リンクレイターヴォイス解説  http://un-seen.net/lesson/linklater/

クリスティン リンクレイター ウィキペディア(英語) http://en.wikipedia.org/wiki/Kristin_Linklater

 

各クラスお申込みhttp://un-seen.net/

メールフォームよりお申込み下さい。

受講料:各クラス7,000円。

定員:各クラス10名。

複数クラスの受講について:2クラスご希望の方は14,000円→13,500円、3クラス受講希望の方は、21,000円→20,000円 4クラスすべて受講希望の方は28,000円→26,00円の割引料金とさせて頂きます。HPの、メールフォームよりお申込み下さい。その際、携帯電話番号も必須でご記入下さい。ごく稀ですが、PCからのメールが携帯に届かない場合がありますので、受講者の方との連絡を確実にするためのものなので、ご協力をお願い致します。

何月何日のどのワークショップを受講されるか、はっきりとご明記下さい。

例)3月13日のリンクレイターヴォイス第1回クラス受講希望。

例)3月13日、16日のリンクレイターヴォイス第1, 2クラスともに受講希望。

例)3月1316日のヴォイス2クラスと、314日のステラ・アドラー演劇の、3クラス受講希望。

例)3月26日リンクレイターヴォイス第3回のみ受講希望。

例)3月14日のステラ・アドラー演劇のみ受講希望。

他、興味ある方、質問等、どうぞお気楽にご連絡下さい。

春の声を聴く3月に、新しい出会いを心より楽しみにしております。

 studio unseen アーティスティック・ディレクター 登坂倫子

IMG_7039

スコットランドオークニー島リンクレイターヴォイスセンターでの学びレポート#1

14741781_1141435795922108_312915833_n

2016年10月17日〜22日studio unseen でリンクレイターヴォイスワーク長期基本クラス修了者による、スコットランドオークニー島での

リンクレイターヴォイスセンターhttps://www.linklatervoice.com/による学びのレポートです。

企画は2年近くの時間をかけての企画が実現しました。

欧米、また最近では台湾、中国にも広がっている”Freeing the Natural Voice” 創始者、クリスティン・リンクレイター自身から直接の学びです。

参加生徒は14名。通訳は日本で唯一のリンクレイターヴォイス資格取得講師である、登坂倫子が、

また、アメリカ在住のリンクレイターヴォイスマスターティチャーのナツコ・オハマが、サポートとして入り、

理想的な形となりました。

 

img_0379

img_0214

img_0217

img_0283

ここで、素晴らしい師によるプログラムはもちろん、参加者たちはこの期間は同じ宿舎で寝泊まりをし、食事を共にし、

地元スコットランドの方たちとの暖かい交流や、太古の遺跡や大自然からも多くを学ぶのです。

img_0159

 

14642282_1113298488725456_8325582023223937804_n

img_0235

14801085_1141436215922066_1447736725_n

img_0189

声を自由にすることによって、その人自身を自由に解き放っていくこの貴重な時間は

studio unseenで学んだ生徒たちにとって、大きな宝となりました。

帰国した後も、studio では果敢な学びが続いています。それは生き生きと呼吸し、心象を声、そして言語を伴い表現してゆくことへの

大きな喜びに繋がります。

14590465_1142944965771191_3447486058546896844_n

studio では2018年に向けてのスコットランドでの学びに向けて始動しています。

 

2016年9月開催!ステラ・アドラー演劇&リンクレイターヴォイスワーク1日体験ワークショップ受講者募集のお知らせ

2016年 芸術の秋、1日体験ワークショップのお知らせです。

IMG_7039

studio unseenでは2016年9月に、1日体験ワークショップを3回開催致します。

*リンクレイターヴォイスワーク1日体験ワークショップ

#第1回:9月19日(月)敬老の日 16:00pm~19:00 pm(3hours)

  テーマ:セネスティージァ 声への新しい出会い ヴォイスポエム

     場所:studio unseen    東京都目黒区駒場3-5-6 B1F井の頭線駒場東大前駅徒歩5分)

#第2回:9月22日 秋分の日(木曜日)12:00pm~15:00 pm(3hours)

  テーマ:身体と声を自由に!ヴォイススカルプチャー、アニマルグリーディング

      場所:スタジオPONTE      東京都板橋区大谷口2-33-12

*ステラ・アドラー演劇 1日ワークショップ

        9月22日 秋分の日(木曜日)16:00pm~19:00pm(3hours)

  テーマ:ステラ・アドラー演劇とは…….. Place とAction

      場所:スタジオPONTE      東京都板橋区大谷口2-33-12

講師:登坂倫子

宝塚歌劇団出身。星組娘役「乙原愛」の芸名で活動、10年目に退団。1993年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビュー。2005年帰国後は日本初のステラ・アドラー演劇とリンクレイターヴォイスワークの長期クラスをスタート。2010年は初オリジナル作品「unseen~あんしぃん~」を発表。2011年夏よりスタジオunseenをオープン。2012年同スタジオ初llavo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。2014年7月に、日本人として初めて、リンクレイターヴォイスワーク公認資格講師に合格。2016年には、宝塚歌劇団花組公演「ミー アンド マイガール」で演技指導として参加。演技、ヴォイスの幅広い活動を広げている。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

内容:

リンクレイターヴォイスワーク:スコットランド人の、クリスティン・リンクレイター氏によって考案された世界的なヴォイスワークです。彼女は、イギリスLAMDAで学んだ後、1963年にアメリカに渡り、「フリーイング ザ ナチュラルヴォイス」を考案します。声を通してその人自身を自由にするヴォイスワークです。リラクゼイション、呼吸の認識にはじまり、心技体のエクササイズから構成され、アクター自身が3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持つことが出来ます。今回の一日体験ワークショップは、2回の構成になっています。一回目はコミュニケイションとしての声のシステムを基本からわかりやすく体験し、呼吸や身体を通し、声を妨げているものを探求します。2回目は様々な動きに合わせた声の体験を用いて、声を今まで力んで出していたのだとしたら、そういった概念を一転させるワークを体験します。あなた自身を聴くことなのです。受講はどちらか一日でも構いません。2回とも受講されるのも、大歓迎です。声に興味ある方でしたら、どなたでも受講して下さい。

HP内クリスティンリンクレイター解説

http://un-seen.net/lesson/linklater/

 クリスティン リンクレイター ウィキペディア(英語)

http://en.wikipedia.org/wiki/Kristin_Linklater

 ステラ・アドラー演劇ワークショップ

 ステラ・アドラーはアメリカ1930年代にグループシアターで活躍し、その後ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、アル・パチーノなど、優れた俳優を育てました。またスタニスラフスキーから演劇を直接学んだ貴重なアメリカ人でもあります。

今回のワークショップでは彼女のドキュメンタリーDVDを鑑賞し、そのあと、基本エクササイズである、imagination(想像力)、place(場所)、action(行動)を追求し、アクターを真の体験に導くワークを行います。参加には、演劇経験は問いません。どなたでも受講して下さい。

HP内ステラ アドラー解説

http://un-seen.net/lesson/stella/

各クラスお申込み:http://un-seen.net/

メールフォームよりお申込み下さい。

受講料:各クラス7,000円。

受講料:各クラス7,000円、2クラスご希望の方は14,000円→13,500円、3クラス受講希望の方は、21,000円→20,000円の割引料金とさせて頂きます。HPの、メールフォームよりお申込み下さい。その際、携帯電話番号も必須でご記入下さい。ごく稀ですが、PCからのメールが携帯に届かない場合や弾かれてしまうことがありますので、ご協力をお願い致します。

何月何日のどのワークショップを受講されるか、はっきりと明記下さい。

例)9月22日のステラ・アドラー演劇1クラス受講希望。

例)9月19日、22日のリンクレイターヴォイス 2クラスともに、受講希望。

例)9月19、22日のヴォイス2クラスと、9月22日のステラ・アドラー演劇の3クラスともに、受講希望。

他、興味ある方、質問等、どうぞお気楽にご連絡下さい。

涼しい秋の風を思い、芸術の秋に、新しい出会いを心より楽しみにしております。

 studio unseen アーティスティック・ディレクター 登坂倫子

宝塚歌劇団花組公演「ME AND MY GIRL」無事に千秋楽を迎えました。

7月31日、無事に花組公演「ミーアンドマイガール」が千秋楽を迎えました。見守って下さった皆様に、感謝の気持ちで一杯です。IMG_7295

この作品には演技指導のスタッフとして、参加させて頂きました。最初にこの企画のお話を頂いたのは、昨年の秋のこと。かれこれ、半年以上駆け抜けたことになります。

当初、演出の三木章雄先生より、「再演を続けてきたこの作品を、もう一度新しく作りたい」という強い意志を頂きました。ですから3月15日の集合日から、リンクレイターヴォイスワークとステラ・アドラー演劇の基本エクササイズを生徒達には徹底的に提供しました。自分が歌劇団に在団していたころの事を考えると、かなりの冒険だったと思います。

脊椎、横隔膜、呼吸、脳や身体の能力をもう一度回帰させる共感覚へのワーク、本読みは脚本をしっかり一言一句咀嚼して解釈させてゆくブレイクダウン….

目の前にやることが山積みの生徒たちが、信じて真摯についてきてくれたことが、大きかったです。

昨日の舞台を客席から観て、作品が、アンサンブルがそこに息づき、客席と呼応して、人々が喜び、笑い、涙する。まさに劇場空間がそこにありました。

あらためて、大きな勉強になりました。ありがとうございました。

しばらく、宝塚と東京の往復が続きますが、studio unseen では、この基本的なワークをじっくりと学ぶクラスが続いています。現在、24名の生徒が長期クラスに参加し、切磋琢磨しています。また、個人レッスンを受講して下さる舞台俳優の方もいらっしゃいます。

人間の能力を、場のエネルギーを、最大限に発揮出来るには….想像力と、解剖学と、創造力、この3つの視点から、これからも探求を続けていきたいと思います。

夏は始まったばかりです。今後ともstudio unseen をよろしくお願い致します。

 

2016年5月スタート「ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス」 「リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス」の受講者募集のお知らせ

2016年5月22日スタート、「ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス」 「リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス」の受講者募集のお知らせです。

 

IMG_5202

*ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス

5月22日(日)スタート 2016年12月修了予定。

毎週日曜日 18:30~21:00 2時間半 計30回予定。

7月31日、4月5日、10月30日は、お休みです。

月謝:\16,000円(消費税込み)プラス入会金¥4,000円

クラスは月4回です。

 

内容:ステラ・アドラー演劇の基本テクニックと戯曲解釈を学びます。彼女はアメリカ1930年代にグループシアターで女優として活躍し、その後、当時パリ在住のスタニスラフスキーに直接に学んだ唯一のアメリカ人です。ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、ロバート・デニーロ、アル・パチーノなど、優れたアクターを育てました。それは、豊かなimagination(創造力)からplace(場所)とaction(動作)を追求してゆくものです。長期クラスではその基本テクニックからスタートし、同時進行でステラの直弟子であるC.ワクスバーグ著のThe Actor’s Script (アクターの戯曲)をテキストとし、戯曲を読み砕き、咀嚼する力(break down)をつけながら、学んでゆきます。最終的には一本の戯曲を理解した上でシーンワークに臨みます。テキストとしてシャンリィの「ダニーと紺碧の海」シェークスピア「ハムレット」チェーホフ「かもめ」など、俳優が学ぶ上で必須の戯曲を使用していきます。

 

*リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス

5月22日(日曜日)12月 終了予定。

毎週日曜日 15:00~17:30 2時間半。計30回予定。

7月31日、4月5日、10月30日は、お休みです。

 

月謝 ¥16,000(消費税込み)+ プラス入会金¥4,000円

クラスは月4回です。

 

世界最高峰のヴォイスワークと言われる「フリーイング ザ ナチュラルヴォイス」。スコットランド、オークニー島でのLinklater voice centerには、考案者クリスティン・リンクレイターに、教えを求めて世界中からアーティスト達が集まっています。このヴォイスワークは、緻密に構築された心身のエクササイズはもちろん、解剖学の知識、イマジネイティブな視点、創造的な視点を通してのアプローチによって、各自の声を阻んでいるものに気づきを与え、囚われない声、自由な声に導いてゆきます。3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持ち、クラスを終了したあとでも自分でヴォイスウォーミングアップ(45分)が出来るようにします。まさに、その人自身を、声を通して自由にしてゆくワークです。声に興味のある方でしたら、どなたでもご参加下さい。日本人唯一の、クリスティン・リンクレイターから直接教えを受け、国際資格取得講師登坂倫子が直接指導します。

 

講師:登坂倫子。

宝塚歌劇団出身。乙原愛の芸名で娘役として活躍。10年目に退団後、1995年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビューし、2003年演出、出演した広島の英語劇「A Thousand Cranes禎子と千羽鶴」では、約1,000名の現地の子どもたちを招待する。2005年帰国後は日本初のリンクレイターヴォイスワークと、ステラ・アドラー演劇の長期クラスをスタート。2011年夏より駒場東大前にstudio unseenをオープン。2012年同スタジオ初labo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。2014年日本人として初のリンクレイターヴォイスワーク国際資格取得講師に合格。

演劇人、近年は、大学のセミナー、また出身の宝塚歌劇団花組公演「ミーアンドマイ・ガール」でも演技指導として、幅広くヴォイス指導を行っている。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

 

准講師:湯本はるな(リンクレイター ヴォイスワーク)

サヒ(アレクサンダー・テクニーク)

荒川克美(アレクサンダー・テクニーク)

 

アシスタント講師:池側生也(ステラ・アドラー演劇)

 

場所:studio unseen

〒153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F

 

お申し込み:HPメールフォームよりお申込み下さい。

http://un-seen.net/form/

その際ご返答を確実にするため、お電話番号の記入も必須とさせて頂きます。極稀ですが、返信が迷惑メールに入ったり、PCとの不具合で希望者の方に届かない場合があります。受講希望の方と確実に連絡を取るための確認として、ご協力をお願いいたします。

また、受講に関して質問のある方も、どうぞご遠慮なくこちらからお問い合わせください。

 

ステラ・アドラー演劇、リンクレイターヴォイスクラスの両クラスを受講希望の方は2クラス割引料金となります。希望者の方に連絡させて頂きます。

 

スタジオへの道順:

studio unseen [153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F]

井の頭線駒場東大前駅で下車。東口の改札を出て、右側の階段をおります。線路を左手に、しばらく歩き、踏切があるので、それを渡ります。渡ってすぐに右に曲がって、線路を右手に道をゆきます。しばらくすると道が下り坂になります。(坂が終わったころ、右手に桁下3.5mと書いた高架があります。)坂が終わってちょっとそのまままっすぐ歩くと、左手に青い自動販売機があります。そこを左に入る角のモダンなドアのある3階建てのお家の地下がstudio unseenです。ドアの前に看板が出ています。

 

2016年、ステラ・アドラーの魂と、そして、ヴォイスワークの母クリスティン・リンクレイターの信念と共に、

しっかりと構築された学びの旅が始まります。初夏に差し掛かる5月、新しい出会いを楽しみにしております。

 

studio unseen アーティスティック・ディレクター:登坂倫子

 

 

 

 

 

© 2005-2012 studio unseen.