Jump to the footer menu

studio unseen

News - 月別アーカイブ: 2013年1月

Back to Blog Top

studio unseen presents ジャン・サスポータス 気の道ワークショップ

web-duostetsu12-airegin-21

studio unseen presents  ジャン・サスポータス 気の道ワークショップ

 

昨年魂を揺さぶる映像で私たちを歓喜の涙に誘ってくれた映画「pina/ピナ・ヴァウシュ 踊り続ける命」は2009年に早逝したドイツの天才舞踊家ピナヴァウシュカンパニーのダンサー達のまるで重力から自由かのような動きを堪能させてくれました。

その中で、犬と戯れる洒落たダンスを披露して下さっているのが、ジャン・ローレンス・サスポータスさん。そのジャンさんご本人にスタジオに来て頂き、「気の道ワークショップ」開催が決定しました!スペースの関係上、先着8名と致します。お申込みはHPのメーリングフォームよりお願い致します。

 

開催日

a:2月16日 11:00am~13:00  2hours

 

b:2月16日 17:30pm~19:30  2hours

 

受講料:1クラス¥6.000円

 

申し込み:http://un-seen.net/

こちらから、ジャンさん「気の道ワークショップ」aクラス、またはbクラスを明記して下さい。また、返信を確実にするため、メールアドレスと、お電話番号も確実に入れて下さい。

【氣の道とは?】

1979年、野呂昌道(のろまさみち)さんにより合気道の発展型としてパリで始まりました。野呂さんは、合気道の創始者・植芝盛平さんの内弟子で、ヨーロッパ・アフリカでの合気道普及のたまに1961年にフランスへ派遣されました。順風な普及活動を続けていましたが、大きな交通事故に遭い、激しい動きの合気道から、よりソフトな「氣の道」を考案しました。攻撃と防御という武術の考え方と違って、より感覚的に身体を捉え、内面の近くを大切にし、正しく、リラックスした姿勢を動きの基礎にしています。武術観が180度ひっくり返るような、まるでダンスのような動きなのです。ジャンさんは25年間、野呂先生の直弟子で12年前に「氣の道」を教える資格を得ました。フランス、ドイツで教えています。

【ジャン・ローレン・サスポータス (http://www.jsasportes.com/ )】

カサブランカ生まれ。マルセイユで数学・物理・哲学を学ぶ。

’75年パリでモダンダンスを始め、’79年ピナ・バウシュ舞踊団のソロ・ダンサーとなる。

世界中の劇場で踊り続け、ピナの代表作「カフェ・ミュラー」は以来30年間300回を超える。

ペドロ・アルモドバル監督「トークトゥーハー」(アカデミー脚本賞)の冒頭で使われ、

「世界で一番哀しい顔の男」と評される。

現在は自らのダンスグループ「カフェ・アダダンスシアター」を結成、俳優、オペラ演出、

振付家、ワークショップなどで活躍している。合気道から派生した「気の道」をマスター。

日本文化全般に造詣が深い。

 

昨年、私自信がジャンさんの「気の道」ワークショップを受講して、大変感動を受けました。ぜひこれを機会に世界的なダンサーの存在に触れて下さい!           noriko

 

studio unseen labo vol.2 「ハロー・アンド・グッドバイ」上演のお知らせ

IMG_3599

 

 

studio unseen labo vol.2 「ハロー・アンド・グッドバイ」上演のお知らせ

 

studio unseenでは、ステラ・アドラーのテクニックとリンクレイター・ヴォイスワークを学んだアクター達で、昨年、ジョン・P・シャンリーの『ダウト』(シーン抜粋)を上演致しました。ラボラトリー公演として仲間と共に一本の戯曲に取り組み、たくさんの学びを得ることができました。

今年は、ラボ公演第2弾として、南アフリカの劇作家アソル・フガードの『ハロー・アンド・グッドバイ』に挑戦致します。「私の生涯を通じての仕事は、この世界の片隅に生きる、絶望に打ちひしがれた人々を、あるがままに誠実に見守り描くことであろう」と語るフガードのこの戯曲に、今、真摯に向き合いアプローチしてゆきたいと思います。

ご来場お待ちしております。

 

studio unseen labo vol.2

『Hello and Goodbye』

by Athol Fugard

翻訳: 小田島恒志

演出:野渡義昭(Phantom Line Theatre)

キャスト:池側生也

湯本はるな

スタッフ:九良賀野喜一

監修:登坂倫子(studio unseen 主宰)

 

日時:2013年2月22日(金)

★open 19:10pm/start19:30pm

2月23日(土)

★open19:10pm/start19:30pm

(全2ステージ)

fee:無料(フリーカンパ制)

場所:studio unseen

東京都目黒区駒場3-5-6 B1F

(井の頭線 駒場東大前駅 徒歩5分)

スタジオへの道順:

井の頭線駒場東大前駅東口の改札を出て、右側の階段を降ります。降りると線路が左手側にあります。線路を左手側にして、しばらく歩くと踏み切りがあるので、その踏み切りを渡ります。渡ってすぐ右に曲がります。次は線路を右手側にして歩いていき、しばらくすると道が下り坂になります。(坂が終わったころ、右手に桁下3.5mと書いた高架があります。)坂が終わって少しだけ左斜め前に歩くと、左手側に青い自動販売機があります。そこを左に入る角のお家の地下がstudio unseenです。大抵、玄関前に車と子どもの自転車がおいてあります。

 

★予約・席について

必ず、事前にご予約ください!

普段稽古場として利用している小さなスタジオでの上演になりますので、お席に限りがございます。ご予約のない場合、状況によってはご入場頂けない可能性があります。

ご予約方法→下記に掲載している今回のラボ企画専用のメールアドレスに予約メールをお送り下さい。

予約メールアドレス

こちらからお願い致します。  ikeike.t.k@i.softbank.jp

客席は、床に座っていただくことになります。(ヨガマットはひいております)腰が悪い方等、椅子をご希望の方は予約時にその旨をお伝え下さい。若干数ご用意出来ます。

ご来場お待ちしています。

© 2005-2012 studio unseen.