Jump to the footer menu

studio unseen

News - 月別アーカイブ: 2013年5月

Back to Blog Top

2012~2013 リンクレイターヴォイスワーク基本クラス発表会 ~a-posy-poesy~ 詩の花束を… 開催のお知らせ

IMG_4672

日時:6/16, 6/23 (日曜日)

スタート:16:15 open, 16:30 start

 

場所:studio unseen

〒153-0041

東京都目黒区駒場3-5-6 B1F(井の頭線駒場東大前駅徒歩5分)

 

指導:演出/ 登坂倫子

 

タイムスケジュール:

16:30 公開リンクレイターヴォイスウォーミングアップ(20分)

16: 50 ヴォイスパフォーマンス

fee: 無料

 

内容:

第1部 リンクレイターヴォイスワーク基本クラス・コースを11ヶ月続けた6名によるパフォーマンスです。各自の今の心に響いた詩12編をおりまぜて、一つの作品にします。前半の公開20分ウォーミングアップは、ご希望の方はぜひ一緒に体験してみて下さい!

第2部(16日のみ):詩人今井義行さんの作品3作を読みます。今井義行さんは現代詩の旗手として活躍され、このヴォイスワークのクラスが始まった当初、詩人として参加して下さった経緯もあります。今回は彼の作品から3つをお願いして作品にさせていただくことが実現致しました。

私と今井さんとは中学校、高校の同窓生でもあります。詩とヴォイスというコラボレイションが今回実現するのはとても感慨深いものがあります。

 

 

出演:伊藤ひろ子、神田祥子、関口晃弘、西任暁子、前田真希、湯本はるな

ゲスト:九良賀野喜一(16日のみ)

 

詩:「亡き人に」高村光太郎、「母だけへの遺言」永井善三郎、「愛児への便り」植村真久、「自分の感受性くらい」茨木のり子、「電話」覚和歌子、

「菜々子に」吉野弘、「カレーライス」草野信子、「麦」石原吉郎、「苦海浄土 ―わが水俣病―」より 石牟礼道子、 「愛」「ブラーザーサン」「シスター・ムーン」今井義行  (「ブラザー・サン」「シスター・ムーン」は16日のみとなります。)

 

ご鑑賞される方は、マットの上に直に座るか、もしくは、多少はイスのご用意もあります。イスをご希望の方は事前にご連絡を頂けますと助かります。

nonsato@bridge.ocn.ne.jp

 

スタジオへの道順:井の頭線駒場東大前駅で下車。東口の改札を出て、右側の階段をおります。

線路を左手に、しばらく歩き、踏切があるので、それを渡ります。渡ってすぐに右に曲がって、線路を右手に道をゆきます。しばらくすると道が下り坂になります。(坂が終わったころ、右手に桁下3.5mと書いた高架があります。)坂が終わってちょっとそのまままっすぐ歩くと、左手に青い自動販売機があります。そこを左に入る角のモダンなドアのある3階建てのお家の地下がstudio unseenです。

 

 

6月の雨の音とともに、12編の詩の花束がどうぞみなさんに届きますようにww

 

 

一年間に渡るアルコール依存症治療専門病院でのヴォイスワークを終えて…

IMG_4647

4月30日リンクレイター・ヴォイスワーク講師として一年間継続した、

長野県にある、アルコール依存症治療専門の病院信濃病院でのスタッフ

の方たちへのヴォイスワークが終了しました。

 

通常の演劇関係のスタジオと違って、こういった空間ではどのような働きが自分には出来るのか、最初の頃は手探りだった部分もありましたが、クラスはもちろん、受講者の方とお昼を一緒にしたり、新幹線の駅までの送り迎えの車の中での会話などを通して、ここでのワークの手がかりがかなりみつかりました。最終的には、受講者のヴォイスはもちろん、日常の居方、思考、行動が前向きになったことは大きな成果となりました。

これは1年という時間をかけた成果です。贅沢な時間でした。

 

浅間山の自然と美しい空気、そしていつも控え室には季節の花を生けて下さるおもてなし、いつの頃からか、私のほうが力をもらい、元気になって東京に帰ってくる自分に気が付きました。

最後は素敵な星型のバスケットに入ったお花を頂きましたww

みなさん、ありがとうございました。浅間山の麓、美しい空気、

そして受講者の方の笑顔に支えられた一年でした。

 

© 2005-2017 studio unseen.