Jump to the footer menu

studio unseen

News - 月別アーカイブ: 2015年1月

Back to Blog Top

2015年3月スタート、「ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス」 「リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス」の受講者募集のお知らせです。

2014-07-19 08.11.34

 

2015年3月スタート、「ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス」 「リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス」の受講者募集のお知らせです。

 

*ステラ・アドラー演劇基本テクニック&戯曲解釈長期クラス

3月1日(日)スタート 2014年9月発表会予定。

毎週日曜日 18:30~21:00 2時間半 計26回予定。

3月22日、4月5日、8月2日は、お休みです。

月謝:\16,000円(消費税込み)プラス入会金¥4,000円

クラスは月4回です。

 

内容:ステラ・アドラー演劇の基本テクニックと戯曲解釈を学びます。彼女はアメリカ1930年代にグループシアターで女優として活躍し、その後、当時パリ在住のスタニスラフスキーに直接に学んだ唯一のアメリカ人です。ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、ロバート・デニーロ、アル・パチーノなど、優れたアクターを育てました。それは、豊かなimagination(創造力)からplace(場所)とaction(動作)を追求してゆくものです。長期クラスではその基本テクニックからスタートし、同時進行でステラの直弟子であるC.ワクスバーグ著のThe Actor’s Script (アクターの戯曲)をテキストとし、戯曲を読み砕き、咀嚼する力(break down)をつけながら、10ヶ月かけて学んでゆきます。最終的には一本の戯曲を理解した上でシーンワークに臨みます。9月には、スタジオで発表会を開催します。

 

*リンクレイターヴォイスワーク基本長期クラス

3月1日(日曜日)8月終了予定。

毎週日曜日 15:00~17:30 2時間半。計24回予定。

3月22日、4月5日、8月2日は、お休みです。

 

月謝 ¥16,000(消費税込み)+ プラス入会金¥4,000円

クラスは月4回です。

 

世界最高峰のヴォイスワークと言われる「フリーイング ザ ナチュラルヴォイス」。スコットランド、オークニー島でのLinklater voice centerには、考案者クリスティン・リンクレイターに、教えを求めて世界中からアーティスト達が集まっています。このヴォイスワークは、緻密に構築された心身のエクササイズはもちろん、解剖学の知識、心理学的なアプローチを通して、各自の声を阻んでいるものに気づきを与え、囚われない声、自由な声に導いてゆきます。3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持ち、クラスを終了したあとでも自分でヴォイスウォーミングアップ(45分)が出来るようにします。まさに、その人自身を、声を通して自由にしてゆくワークです。最終月に、スタジオでの発表会を開催します。声に興味のある方でしたら、どなたでもご参加下さい。日本人唯一の、クリスティン・リンクレイターから直接教えを受け、国際資格取得講師登坂倫子が直接指導します。

 

講師:登坂倫子。

宝塚歌劇団出身。乙原愛の芸名で9年の舞台生活の後、1995年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビューし、2003年演出、出演した広島の英語劇「A Thousand Cranes禎子と千羽鶴」では、約1,000名の現地の子どもたちを招待する。2005年帰国後は日本初のリンクレイターヴォイスワークと、ステラ・アドラー演劇の長期クラスをスタート。2011年夏より駒場東大前にstudio unseenをオープン。2012年同スタジオ初labo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。2014年日本人として初のリンクレイターヴォイスワーク国際資格取得講師に合格。

演劇人への指導に加え、近年は、大学でもヴォイスセミナーを行っている。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

 

場所:studio unseen

〒153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F

 

お申し込み:HPメールフォームよりお申込み下さい。

http://un-seen.net/form/

その際ご返答を確実にするため、お電話番号の記入も必須とさせて頂きます。極稀ですが、返信が迷惑メールに入ったり、PCとの不具合で希望者の方に届かない場合があります。受講希望の方と確実に連絡を取るための確認として、ご協力をお願いいたします。

 

ステラ・アドラー演劇、リンクレイターヴォイスクラスの両クラスを受講希望の方は2クラス割引料金となります。希望者の方に連絡させて頂きます。

 

スタジオへの道順:

studio unseen [153-0041 目黒区駒場3-5-6 B1F]

井の頭線駒場東大前駅で下車。東口の改札を出て、右側の階段をおります。線路を左手に、しばらく歩き、踏切があるので、それを渡ります。渡ってすぐに右に曲がって、線路を右手に道をゆきます。しばらくすると道が下り坂になります。(坂が終わったころ、右手に桁下3.5mと書いた高架があります。)坂が終わってちょっとそのまままっすぐ歩くと、左手に青い自動販売機があります。そこを左に入る角のモダンなドアのある3階建てのお家の地下がstudio unseenです。ドアの前に看板が出ています。

 

2015年の学びの旅がまた始まります。待ち遠しい春とともに、新しい出会いを楽しみにしております。

 

studio unseen アーティスティック・ディレクター:登坂倫子

 

 

studio unseen2015年2月開催!1日体験ワークショップ受講者募集のお知らせ

studio unseen2015年2月開催!1日体験ワークショップ受講者募集のお知らせ

参加には、演劇経験は問いません。どなたでも受講して下さい!

IMG_3934

*リンクレイターヴォイスワーク(3日間)

#L1クラス:2月11日(水曜日)16:00pm~19:00 pm(3hours)

テーマ:ヴォイスポエム 子どものような純粋な心で!イメージワークと解剖学的知識による自分の声への新しい出会い

#L2クラス:2月15日(日曜日)16:00pm~19:00 pm(3hours)

テーマ:私たちの脊椎。重力と抗重力の中での、最大限のヴォイス=エネルギーワークへの体験

#L3クラス:2月27日(金曜日)16:00pm~19:00 pm(3hours)

テーマ:あなたの声を、あなた自身を自由への開放へ。「タッチ・ザ・サウンド」「ハミング」「リリース」

*ステラ・アドラー演劇一日ワークショップ(2日間)

#S1クラスステラ・アドラー基本テクニーク 2月7日(土曜日)16:00pm~19:00pm(3hours)

テーマ:ステラ・アドラーのバックグラウンドと、基本テクニック

#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈 2月8日(日曜日)16:00pm~19:00pm(3hours)

テーマ:戯曲解釈とブレイクダウン

場所:studio unseen

〒153-0041東京都目黒区駒場3-5-6 B1F(井の頭線駒場東大前駅徒歩5分)

講師 登坂倫子:宝塚歌劇団出身。星組娘役「乙原愛」の芸名で9年の舞台生活の後、1993年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビュー。2005年帰国後は日本初のステラ・アドラー演劇とリンクレイターヴォイスワークの長期クラスをスタート。2010年は初オリジナル作品「unseen~あんしぃん~」を発表。2011年夏よりスタジオunseenをオープン。2012年同スタジオ初lavo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。2014年日本人として初のリンクレイターヴォイスワーク国際資格取得講師に合格。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

HP内クリスティンリンクレイター解説http://un-seen.net/lesson/linklater/

クリスティン リンクレイター ウィキペディア(英語)http://en.wikipedia.org/wiki/Kristin_Linklater

 

<リンクレイターヴォイスワーク内容>

スコットランド人クリスティン・リンクレイター氏によって考案されたヴォイスワークです。リラクゼイション、呼吸の認識にはじまり、心技体を通して人間の真のヴォイスを取り戻してゆきます。また、アクター自身が3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持ち、クラスを終了したあとでも自分でヴォイスウオーミングアップ(20分)出来るようにします。今回のワークショップは、3回の構成になっています。

一回目(#L1クラス)は今までの概念とは違った新しい自分のヴォイスとの出会いです。後半は、コミュニケイションとしての声のシステムを基本からわかりやすく体験し、呼吸や身体を通し、声を妨げているものを探求します。日時:2月11日(水曜日)16:00~19:00

2回目(#L2クラス)は様々な動きに合わせた声の体験を用いて、声を今まで力んで出していたのだとしたら、そういった概念を一転させるワークを体験します。声はもっと楽に出るものなのです。日時:2月15日(日曜日)16:00~19:00

3回目(#L3クラス)はヴォイスの広がりを探求してゆきます。思い込みによる自分の声とは違う新しい自分の声の響き、自由さを体感します。無意識下に起きている、オーガニックな腹式呼吸に対する認識が一新されることでしょう。日時:2月27日(金曜日)16:00~19:00

*内容は蓄積されてゆく構成になっていますが、受講は1日でも構いません。

 

<ステラ・アドラー演劇ワークショップ内容>

ステラ・アドラーはアメリカ1930年代にグループシアターで活躍し、その後ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、アル・パチーノなど、優れた俳優を育てました。またスタニスラフスキーから演劇を直接学んだ貴重なアメリカ人でもあります。

#S1クラスステラ・アドラー基本テクニーク:彼女のドキュメンタリーDVDを鑑賞し、そのあと、基本エクササイズである、imagination(想像力)、place(場所)、action(行動)を追求し、アクターを真の体験に導くワークを行います。

日時:2月7日(土曜日)16:00~19:00(3hours)

#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈:ジョン・パトリック・シャンリィの戯曲「ダニーと紺碧の海」を読み、戯曲を解釈。そして、アクションをみつけ、シーンのブレイクダウン(分解、咀嚼)の体験です。戯曲を読む解くにはどうしたらいいか。アクターが演じられるのは、感情ではなくて、戯曲の状況のもとでのキャラクターのアクション(動作)の連動なのです。

日時:2月8日(日曜日)16:00~19:00

HP内ステラ アドラー解http://un-seen.net/lesson/stella/

各クラスお申込みhttp://un-seen.net/

メールフォームよりお申込み下さい。

受講料:各クラス6,500円、2クラスご希望の方は13,000円→12,500円、3クラス受講希望の方は、19,500円→18,500円、4クラス受講希望の方は、26,000円→24,500円 5クラス受講の方は、32,500円→30,500円の、割引料金とさせて頂きます。

 

HPの、メールフォームよりお申込み下さい。その際、携帯電話番号も必須でご記入下さい。ごく稀ですが、PCからのメールが携帯に届かない場合や弾かれてしまうことがありますので、ご協力をお願い致します。

何月何日のどのワークショップを受講されるか、はっきりと明記下さい。

例)2月7日の#S1クラスステラ・アドラー基本テクニーク受講希望。

例)2月7日の#S1クラスステラ・アドラー基本テクニークと、2月8日#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈、 2クラスともに、受講希望。

例)2月8日#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈と、リンクレイターヴォイスクラス2月11日#L1クラス、2月15日#L2クラスの3クラス受講希望。

例)リンクレイターヴォイスワーク2月11日#L1クラス、2月15日#L2クラス、2月27日#L3クラス、3クラス受講希望。

例)2月8日#Sクラスステラ・アドラー戯曲解釈と、リンクレイターヴォイスワーク2月11日#L1クラス、2月15日#L2クラス、2月27日#L3クラス、4クラス受講希望。

 

*参加へのメールフォームからのお申込みは随時受け付けております。他、興味ある方、質問等、どうぞお気楽にご連絡下さい。

2015年春の新しい出会いを楽しみにしております。

 

studio unseen アーティスティック・ディレクター:登坂倫子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年 新年のご挨拶

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

新しい年を迎え、2015年に向けての歩みをスタートする今日は、

昨年2014年の一年を振り返ってみたいと思います。

***   ***

1月は母校湘南高校にて、ヴォイスセミナーをやらせて頂きました。

「湘南の今を生きる ~ヴォイスワークとパフォーマンス」

約半年かけて練習を重ね、同じ学び舎の共有を持つ、素晴らしい仲間と共有の時間を持てたことに、

感謝です。自分自身が宝塚に入る前の、16歳から18歳までの多感な時間を過ごした場所への

回帰は、それぞれの道を歩む仲間を通して、これからの方向性に様々な可能性をみせてくれました。

湘南に吹く風に深呼吸することは、私自身にも新生をもたらしてくれたのです。

IMG_5879

この繋がりから、同級生は今は教育者になられている方たちも多いのですが、

昨年は青山学院女子短期大学、立教大学でも

ヴォイスや演劇の教えをする機会を頂けたこと、嬉しく思っています。

若い方たちに触れるたびに、どうやったら彼らの身体や思考がもっと

囚われない方向に行くのだろうと考え、そして新しい発見に喜びを感じます。

結果人間学を知りたいから演劇やヴォイスワークを探求しているようなものです。

こういった機会は今年も増やしてゆけたらと願っています。

写真 1

3月には、もう何度も再演してきたアメリカ人が書いたヒロシマの子ども劇を

脚色して、「音楽劇A Thousand Cranes 〜禎子と千羽鶴〜」を古民家の空間で

上演しました。こうして女優として演じることも大切な学びのプロセスと思っています。

地域とのコラボレーション、よい体験が出来ました。

新しい年に、こういった作品を淘汰するのではなく、続けてゆくことで、

未来を見てゆきたいと思います。

1012925_681629928540330_1487805180_n

1488975_681630061873650_1633800670_n

studio には、素晴らしいゲスト講師の方が来て下さいました。

ピナヴァウシュのダンスカンパニーで踊り続けていらして、カフェ・ミュラーでは

その表現力に心震わされる名ダンサージャン・サスポータスさんです。

「この空間が好きです」とおっしゃってくださるジャンさん。

3月も来日されるそうなので、また日程を合わせて実現したいものです。

重力と反重力の中にある動き、これはヴォイスワークや演劇にも通じる

大切な身体ワークなので、私としては一緒に学べたこと、素晴らしい体験でした。

10151001_1423581321226679_2068072225_n

一方、俊晴、敬晴は、3月にダブル受験。これはもう神様に守られたとしか思えません…。

二人とも第一志望に合格。トシは上智大学英文学科で、好きな学問を素晴らしい

教授達から学習出来るという環境、たかは、うちから通学3分。垣根の向こう側の都立高校で、

彼らしく学校生活を楽しんでいます。野球部員になりました。

3人でバランスを取って生きてきたと思ってきましたが、多くの方たちに支えられました。

子育てはあとひと踏ん張りだ!

10006601_10152309823694459_1177808583_n

この写真を撮って下さった写真家落合由利子さんとの出会いも同年代を生きる女性同士、

新しいお付き合いが出来そうです。

IMG_5706

4月はなんといっても宝塚100周年の式典です。

20代のすべて、自分の基礎の土台を作って頂いた場所。小林一三翁の理念に立ち返り、

大劇場、音楽学校、宝塚の阪急電車沿線の山々の景色、懐かしい地元の方たちや

同期生との再会。世界に類をみない素晴らしい歌劇団を実感。

ここで育てて頂いたことをあらためて感謝し、

新しい歩みへ精進したいと思いました。

IMG_0727 (1)

7月はイギリスロンドン大学で、宝塚についての講演会を2回させて頂きました。

久しぶりの英語でのやりとり、ちょっとドキドキでした。

元タカラジェンヌとしての講演に加え、

演出家の三木先生にもお願いして、演出家の視点からの原稿を書いて頂き、

息子に翻訳してもらい、発表。素晴らしい文書を頂きました。

アジアの稀有な100年の歴史あるシアターアートに興味を持った、様々な分野のエキスパートの方たちが

来てくださり、いろんな質疑応答が出来たこと、男役については、これもほんとに同期に感謝なのですが、

元男役雪組風見玲央 中野万知子ことまちこが一緒に来てくれて、

しっかりと男役について、レクチャーしてくれたのも、感謝です。

彼女の所作と立ち姿の美しさ、凛とした居方を持続出来ているのも、

宝塚の教育の賜物と言っていいと思います。

IMG_1645

さてさて、ロンドンから私は小さなプロペラ機に乗って、

最北の果て、スコットランドのオークニー島にある、

リンクレイターヴォイスワークのスタジオに一人向かいます。

2014年国際取得講師トレーニングに、一昨年の

アメリカボストンの続きで、直接に創設者である、

クリスティン・リンクレイター女史からの教えをもらい、

かけがえのない体験が出来ました。

私がここで体験したことは、

人を指導する立場にある人たちはどうあるべきかを

クリスティン・リンクレイターは50年かけて

ティーチャートレーニングとしてしっかりと構築したのだということです。

これを享受するのは、一種の戦いのようでもあり、まさに、人と人がぶつかり合い、

ともにわかちあい、涙出来、最終的には自分自身として自立してゆく体験でした。

無事に合格出来ました。日本人では第一号、アジアでは二人目です。

資格を取ることよりも、内容をきちんと理解して、伝授してゆく

エネルギーを持続し続けることが大切とわかっていますので、

今年はむしろ、昨年よりもよりチャレンジの年となりそうです。

わくわくします。

IMG_2095

2014-07-19 08.14.18

10484556_10153411940189460_5151852373369983335_n

9月は帰国して落ち着く間もなく、リハーサルにはいった、

「宝塚70期生30周年記念 マグノリアコンサート」でした。

脚本、演出を担当しましたが、結果はやっぱりしっかり者の同期や企画をしてくれた

西岡知子ちゃんの協力の元に出来上がった作品です。

宝塚の名曲、ベルばらメドレー、同期生との共演とおしゃべり、フロアバレエバーアスティエの演出、

やってみたいことはすべて打ち込みました!楽しかったですw

IMG_2704

1938944_704373036303542_1540001615_o-1

年頭から上記と同時進行で続けてきた、studio unseen でのヴォイスワークとステラ・アドラー演劇の

長期クラス、studio unseen のメインワークとも言えます。10月11月には発表会を無事に終えることが出来ました。受講生たちと共に、

継続出来たことに感謝です。しっかりと少人数でじっくりと学ぶをモットーにしています。

基本から着実に積み上げ、戯曲を解釈出来る力をつけ、シーンワークへのプロセス。

ヴォイスクラスは最終的には自分自身を声を通して自由にしてゆくのです。

生徒たちの葛藤や成長をみると、胸が熱くなる瞬間が何度もありました。

今年の新しい長期クラスや、ワークショップも、募集開始致します。

どんな出会いがあるか、楽しみです。

IMG_2748

発表会で活気溢れるstudio で、加えて秋の終わりに「ヴォイスの報告会」をやりました。

アレクサンダー・テクニーク講師の福本亜紀さんが企画してくださり、

私のアメリカとスコットランドでのクリスティンとの学びを

映像と音声で、しっかりと伝えることが出来ました。幸いなことに、

好評を頂き、当日来られなかった方たちのために、今年2月21日にももう一度、

こんどは目黒のBODY CHANCE でやることになりました。

沢山の方たちに来て頂けたらと思います。

image

この企画を作ってくれた目黒のアレクサンダー・テクニークBODY CHANCEでの講師の方たちへの

ヴォイスワークは、もう4年になります。これも感謝です。スタジオにもこういった講師の方たちに

来て頂けるのが、受講者の学びを深くしています。

IMG_3174

今年のラスト、12月は1日体験ワークショップを6回企画しました。ネット検索や口コミ、

皆さんそれぞれ、興味を持って下さった方がスタジオに足を運んでくださいました。

こういった出会いによって、自分の演じる道をじっくりと見極めようとする女優さん、俳優さんと話す機会はとても

貴重なものです。

また、プロのコーチングの方たちへのヴォイスワークも実現。

田村恵さんの豪快でいて、繊細な、企画力に感謝です。あと一回は今月なので、

楽しみです。

***   ****   ***

まだまだここに書けない様々な出会いや再会、学び…..

年が明けた今日は、東京にもはらはらと雪が降り始めました。

心は真白な新雪を踏むような気持で

新たなな歩みを始めたいと思います。

皆様、今後とも、どうかよろしくお願い致します。

感謝を込めて。

noriko

© 2005-2012 studio unseen.