Jump to the footer menu

studio unseen

News - 月別アーカイブ: 2015年5月

Back to Blog Top

studio unseen クラス進行状況のお知らせ!

2015年3月にスタートした、studio unseen での、3つの長期クラスの様子を報告します。

 

#Linklater voice work ” Freeing the Natural Voice”

リンクレイターヴォイスワーク基本クラス(日曜日&金曜日)

3月1日より、15名の参加者でスタートです。

今までにない、ビッグクラスで嬉しい悲鳴をあげつつ、

受講者の体感と、空間を大切にしてゆきたいので、開始から2ヶ月で2つのクラスに分けました。

日曜日クラスと金曜日クラス。ただいま、平行して進行中です。

IMG_4583

声を聴覚だけでなく、人の持つ様々なsence (視覚、触覚、味覚、嗅覚)から、

共感覚を目覚めさせていき、その人その人の、声を阻んでいたものを取り除き、

生まれながらに持っている”自由”な声を体験してゆきます。

なぜなら、聴覚のみの判断は、人は否定しがちになってしまい、それによる恐れは冒険を阻むからです。

どうしても、人は他者から言われた事(母、先生、演出家など)

を思い込んでしまっています。

「私の声は◯◯だからダメなのだ」

これはまったくの、根拠の無い思い込みがほどんどです。

みな、可能性に満ちているのです。

しかし、それをもういちど、reeducate (導きを正す)のは、時間がかかります。

クラスは、いきなり発声というところには行かず、地道な身体の

エクササイズを重ねてゆきます。”声”とは、身体のワークの

結果として、変化をなすものでしかありません。

IMG_4584

声のシステムの、脊椎の認識、横隔膜への体感と確信。

声帯で作られるのは、音波です。これにほとんどの人が

気づいていません。その声帯で作られた音波を

人は身体の共鳴体によって、共鳴させてゆきます。

それは、骨、骨と骨の表層で作られる空間(スペース)

軟骨…..

そして、ヴァイヴレイション(振動)は、それらに広がり、

リラックスしていれば、どんどん響き、緊張しているところでは

小さくなってしまい、また、意識を向けると喜んで広がってゆきます。

生き物のようなヴァイヴレイション。

今の時点で、生徒は自分の声はノドで出しているという思い込みから

脱却して、ヴァイヴレイションが身体のどこに響いているかを、

クラスメートと共に学んでゆきながら、

新しい自分の声に出会って行きます!

IMG_4593

脱力には、重力との関係を体験させてゆきます。

IMG_4595

5月までほぼ、垂直方向の身体(standing position)

で、学習してきました。そして、これからは、いよいよフロアーワークに入ってゆきます。

様々な神経叢へのワークに入ってゆき、それは、感情とも

大切な関係を持った箇所です。ここでは、脊椎の一番下になる仙骨、尾てい骨、

骨盤底のエリアに入ってゆきます。

私がこのように、長期クラスで生徒たちとの実際のワークで、

最近、思うことは、演劇の様々なエクササイズをやるうえで、

指導者にとって大切なことは、そのエクササイズがどういった目的を持ち、身体的、そして感情的な人に対する働きかけへの

理論を理解した上で、生徒に渡してゆくことだということです。

声に対する、心理学、解剖学の知識を持ったうえで、アクターや生徒の

身体に不可のかからない状態で、エクササイズする。

そうでないと、たとえば、十分に準備出来てない声や身体のアクターの、

感情のみを強烈な方法で刺激してしまうと、熱い熱湯(エモーション)

を薄いガラスのコップにいきなり入れるようなもの。パリンと容れ物が割れてしまうのだけは、避けるべきだと

思います。

これが、私が師である、クリスティン・リンクレイターから学んだことの1つであり、

今、生徒たちに実践していることです。

#Stella Adoler Acting script analysis & technique class

#ステラ・アドラー演劇戯曲解釈&基本テクニーククラス(日曜日)

こちらは、日曜日の夜18時半より始まります。

3月スタートから、いくつかの、基本的なテクニークの課題をクリアしてゆき、

5月に入り、戯曲をしっかりと解釈するという目的として、ジョン・パトリック・シャンリィの

「ダニーと紺碧の海」の冒頭シーンを

「アクション」による、ブレイクダウンをやってゆきます。

IMG_4633

IMG_4643

IMG_4644

ダニーの「目的」Objet 、

そこに立ちはだかる、ロベルタによる「障壁」Obstacles

それ故に行われるキャラクターの「行動」Actionを

脚本から見つけてゆきます。

#Linklater Voice work Advanced class

リンクレイターヴォイス アドヴァンストクラス(上級者クラス)

(土曜日)

こちらは、昨年一年間、基本クラスを終了したメンバーによるクラスです。

教えるということを目標に持った生徒には、実践としてデモンストレーションを

行ってゆきます。

IMG_4613

IMG_4621

IMG_4617

6月の雨の季節を前に、スタジオでは早くも熱気を持ったエネルギーが満ち満ちてきました。

この意気で、夏に突入したいものです!

© 2005-2012 studio unseen.