Jump to the footer menu

studio unseen

News - 月別アーカイブ: 2015年7月

Back to Blog Top

2015年~2016年リンクレイターヴォイスワーク基本後半クラス生徒募集のお知らせ

IMG_2156

studio unseen では、Linklater Voice Work の基本コースの

後半クラス受講希望生徒を募集致します。

 

期間:9月20日(日曜日)〜2016年2月末まで

毎週日曜日 15時スタート 2時間半クラス

受講資格:Linklater Voice Work 基本長期クラスの前半を終了した生徒のみの参加になります。

(新たな初心者への長期クラスのスタートは2016年に予定しております。)

後半では、前半で体験した呼吸、身体、ハミング、重力と反重力の関係の声のリリースなどを学んだ上での、

チャンネル(顎、舌、ソフトパレット)ワークから、共鳴体(喉、胸、口、歯)

肋骨を理解し肺と横隔膜のエクササイズ、高音域の鼻腔、鼻梁、身体全体にサウンド(声)を響かせてゆく

Ranege, ファルセット、

そして、モノローグや詩を使ったアーティキュレーション(滑舌)のエクササイズ

を学んでゆきます。

講師:登坂倫子

スコットランド人の、このヴォイスワークの創設者クリスティン・リンクレイター氏から直接学びを受け、

現在日本で唯一国際資格取得を得たリンクレイターヴォイス講師として活動を広げている。

宝塚歌劇団出身の豊富な舞台経験とアメリカのステラ・アドラー演劇学校を卒業というユニークなキャリアを生かし、

舞台俳優を中心にリンクレイターヴォイスワークを教える一方で、様々な演劇の発表の場も創作している。

受講料:月謝制。一月4回のクラスで16,000円

 

申し込み:HPメールフォームよりお申込み下さい。

2015 July studio unseen 長期クラス進行状況のお知らせ!

IMG_5088

7月に入り、街は一転して夏に。

スタジオへ向かう途中にある花屋さんには素敵なサルビアが入り、衝動買いしてしまいました。

IMG_5087

スタジオでの長期クラス、リンクレイターヴォイスクラスは「channel」に入りました。

「顎」「舌」「ソフトパレット」

ここのパートは、サウンド(音)のベーシックフォーメーションに対して、

まったく関係の無いところです。

しかし、ほとんどの人が「顎」「舌」「ソフトパレット」が、

代わりに頑張って音を出そうとします。

それは、呼吸の「代行」や「補うこと」をしてしまうのです。

サウンドに必要なのは、自由な息とthought 。

なので、ここでのエクササイズは、頑なに何かをやろうとする顎の筋肉を説得し続け、

頑固に自由な息の代行をしようとする「舌」に、「もういいよ、やらなくても、私の息は自由なのだ」と

具体的なメッセージを送り続けることをやってゆきます。

IMG_4979

IMG_4966

IMG_4983

 

クラスは、ここではゆったりとイスに座ってのワークが増えます。一人一人と対面してのワークです。

人間のシステムは、意識的なものよりも、無意識下のシステムのほうが優れています。ところが

教育、しつけ、対面、など外的な要因で人は自己を守るために、

意識的な回路を通して声を調整してきています。

ここのワークでは、本人も思ってもみなかった領域に触れることがあります。しかし、舞台俳優は

人間の「怒り」「悲しみ」「歓喜」「エクスタシー」など、ダイナミックな感情のエクスプレッションを

表現する責任があります。そのためには、こういった周り道をしてきた回路を

もう一度自由にしてゆく必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2005-2017 studio unseen.