Jump to the footer menu

studio unseen

News

5月14日 追加ヴォイスワークショップのお知らせ

追加ヴォイスワークショップのお知らせ

image3

おかげ様で、5月8日のリンクレイターヴォイスワーク一日体験ワークショップは

定員となりました。ありがとうございます。

引き続き受講希望者の方にむけて、5月14日に追加ヴォイスワークショップを

開催致します。これからヴォイスワークを希望される方、申し訳ありませんが、5月14日のほうで

ご一考お願い致します。

尚、5月8日のステラ・アドラー演劇一日体験ワークショップのほうは、まだ余裕がございます。

よろしくお願い致します。

以下、詳細です。

*追加 リンクレイターヴォイスワーク一日ワークショップ

5月14日(土曜日)12:00pm~15:00 pm (3hours)

テーマ:声はもっと楽に出る!セネスティージア(共感覚)への誘い。ボイススカルプチャーと解剖学的知識による自分の声への新しい出会い。

場所:studio unseen

153-0041東京都目黒区駒場3-5-6 B1F(井の頭線駒場東大前駅徒歩5分)

講師 登坂倫子:宝塚歌劇団出身。星組娘役「乙原愛」の芸名で9年の舞台生活の後、1993年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビュー。2005年帰国後は日本初のステラ・アドラー演劇とリンクレイターヴォイスワークの長期クラスをスタート。2010年は初オリジナル作品「unseen~あんしぃん~」を発表。2011年夏よりスタジオunseenをオープン。2012年同スタジオ初lavo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。2014日本人として初のリンクレイターヴォイスワーク国際資格取得講師に合格。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

HP内クリスティンリンクレイター解説http://un-seen.net/lesson/linklater/

クリスティン リンクレイター ウィキペディア(英語)http://en.wikipedia.org/wiki/Kristin_Linklater

<リンクレイターヴォイスワーク内容>

スコットランド人クリスティン・リンクレイター氏によって考案されたヴォイスワークです。リラクゼイション、呼吸の認識にはじまり、心技体を通して人間の真のヴォイスを取り戻してゆきます。緻密に構成されたワークを順を追って学ぶことによって、アクター自身が3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持ち、自分自身で日々の声を取り扱えるようにすることを、長期の目的としています。 今回の1日ワークショップはその最初の一歩を体験します。 

各クラスお申込みhttp://un-seen.net/

メールフォームよりお申込み下さい。

 受講料:各クラス7,000円。

定員:各クラス12名。

割引料金:5月8日ステラ・アドラ演劇とリンクレイターヴォイスワークの2クラス受講希望の方は14,000円→13,500円の、割引料金とさせて頂きます。

HPの、メールフォームよりお申込み下さい。その際、携帯電話番号も必須でご記入下さい。ごく稀ですが、PCからのメールが携帯に届かない場合や弾かれてしまうことがありますので、ご協力をお願い致します。

何月何日のどのワークショップを受講されるか、はっきりとご明記下さい。

例)5月8日のステラ・アドラー基本テクニーク受講希望。

例)58日のステラ・アドラー基本テクニークと5月14日追加リンクレイターヴォイスクラスの2クラス受講希望。

例)5月14日の追加リンクレイターヴォイスワーク1クラス受講希望。 

*参加へのメールフォームからのお申込みは随時受け付けております。他、興味ある方、質問等、どうぞお気楽にご連絡下さい。

2016年新緑の時!新しい出会いを楽しみにしております。

尚、2016年度のstudio unseenでの長期クラスは20165月22日(日)よりスタートの予定です。追ってHPでアップ致します。よろしくお願い致します。

studio unseen アーティスティック・ディレクター:登坂倫子

2016年5月開催!ステラ・アドラー演劇&リンクレイターヴォイスワーク1日体験ワークショップ受講者募集のお知らせ

studio unseen20165月開催!1日体験ワークショップ受講者募集のお知らせです。

参加には、演劇経験は問いません。どなたでも受講して下さい!

IMG_6599

*リンクレイターヴォイスワーク一日ワークショップ

58日(日曜日)13:30pm~16:30 pm (3hours)

テーマ:声はもっと楽に出る!セネスティージア(共感覚)への誘い。ボイススカルプチャーと解剖学的知識による自分の声への新しい出会い。

注)5月8日のヴォイスワークショップはおかげ様で定員となりました。追加ワークショップを14日土曜日に開催致します。HPでご確認下さい。

 *ステラ・アドラー演劇一日ワークショップ

5月8日(日曜日)18:00pm~21:00pm (3hours)

テーマ:ステラ・アドラーのバックグラウンドと、基本テクニーク。

場所:studio unseen

153-0041東京都目黒区駒場3-5-6 B1F(井の頭線駒場東大前駅徒歩5分)

講師 登坂倫子:宝塚歌劇団出身。星組娘役「乙原愛」の芸名で9年の舞台生活の後、1993年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビュー。2005年帰国後は日本初のステラ・アドラー演劇とリンクレイターヴォイスワークの長期クラスをスタート。2010年は初オリジナル作品「unseen~あんしぃん~」を発表。2011年夏よりスタジオunseenをオープン。2012年同スタジオ初lavo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。2014日本人として初のリンクレイターヴォイスワーク国際資格取得講師に合格。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

HP内クリスティンリンクレイター解説http://un-seen.net/lesson/linklater/

クリスティン リンクレイター ウィキペディア(英語)http://en.wikipedia.org/wiki/Kristin_Linklater

<リンクレイターヴォイスワーク内容>

スコットランド人クリスティン・リンクレイター氏によって考案されたヴォイスワークです。リラクゼイション、呼吸の認識にはじまり、心技体を通して人間の真のヴォイスを取り戻してゆきます。緻密に構成されたワークを順を追って学ぶことによって、アクター自身が3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持ち、自分自身で日々の声を取り扱えるようにすることを、長期の目的としています。 今回の1日ワークショップはその最初の一歩を体験します。 

<ステラ・アドラー演劇ワークショップ内容>

ステラ・アドラーはアメリカ1930年代にグループシアターで活躍し、その後ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、アル・パチーノなど、優れた俳優を育てました。またスタニスラフスキーから演劇を直接学んだ貴重なアメリカ人でもあります。彼女のドキュメンタリーDVDを鑑賞し、そのあと、基本エクササイズである、imagination(想像力)place(場所)、action(行動)を追求し、アクターを真の体験に導くワークを行います。

HP内ステラ アドラー解http://un-seen.net/lesson/stella/

各クラスお申込みhttp://un-seen.net/

メールフォームよりお申込み下さい。

 受講料:各クラス7,000円。

定員:各クラス12名。

割引料金:ステラ・アドラ演劇とリンクレイターヴォイスワークの2クラス受講希望の方は14,000円→13,500円の、割引料金とさせて頂きます。

HPの、メールフォームよりお申込み下さい。その際、携帯電話番号も必須でご記入下さい。ごく稀ですが、PCからのメールが携帯に届かない場合や弾かれてしまうことがありますので、ご協力をお願い致します。

何月何日のどのワークショップを受講されるか、はっきりとご明記下さい。

例)5月8日のステラ・アドラー基本テクニーク受講希望。

例)58日のステラ・アドラー基本テクニークとリンクレイターヴォイスクラスの2クラス受講希望。

例)5月8日のリンクレイターヴォイスワーク1クラス受講希望。 

*参加へのメールフォームからのお申込みは随時受け付けております。他、興味ある方、質問等、どうぞお気楽にご連絡下さい。

2016年新緑の時!新しい出会いを楽しみにしております。

尚、2016年度のstudio unseenでの長期クラスは20165月22日(日)よりスタートの予定です。追ってHPでアップ致します。よろしくお願い致します。

studio unseen アーティスティック・ディレクター:登坂倫子

ご報告:宝塚歌劇団花組公演「ME AND MY GIRL」演技指導のスタッフとしてお仕事をさせて頂くことになりました。

 

IMG_6727

 

ご報告

この度、宝塚歌劇団花組公演「ME AND MY GIRL」において、演技指導のスタッフとしてお仕事をさせて頂くことになりました。

私にとっては、音楽学校を入れれば12年、舞台人としての基礎を教えて頂いたところです。その歌劇団にご恩返し出来るように、真摯に努めさせて頂こうと思います。

退団後に渡ったアメリカ、そして2014年のスコットランドオークニーでの学びを経て、宝塚音楽学校の合格発表からまさに34年目の春に、こうして花の道を歩くと、今一度初心に帰る気持ちになります。「劇場」「舞台」に命をかけて創造の場に息づく方たちと共に、私も沢山勉強させて頂きたいと思います。

引き続き、よろしくご指導お願い致します。

登坂倫子

2016年studio unseen 長期クラスレポート。

image2

2016年2月 春はもう目の前のこの季節。studio unseen で現在行われている長期クラスの様子をアップ致します。昨年3月にスタートしたLinklater Voice work 基本クラスは、11ヶ月を経て、アッパーミドルの共鳴体まで到達しました。

ここは、sinus(鼻腔)そしてnasal(鼻根)。スピーキングレンジの中では最高音の領域に入ります。

そして、サウンドはあくまでも、運搬力を持って前に飛び出していく音を目指します。

それには、緻密に研究された、これまでの蓄積によるウォーミングアップが必須です。

完全なリラクゼイションを感じて、声を負荷無く全身に響かせるために、クラスは昨年末から

今年にかけて、時間をかけて、膝のバウンス、スイングをやってきました。外的筋肉で動くのではなく、インナーへの意識が大切です。

そして、高音域に入る前に、ブレスパワーのエクササイズ。インナーのリラクゼイション、そして、excitation(生理的興奮)をリ・クリエイトしていくことをしっかり学びます。

これで、準備が出来たら、骸骨模型によるアッパーミドルの構造的理解を入れて、一人一人、丁寧にエクササイズを進めます。

ポイントは、ソフトパレット(軟口蓋)の柔軟なアップ。そして、無意識下で息や声を操作しようとする、顎や舌の緊張に気づき、それをやめてゆくことです。なかなかに根気のいる作業ですが、このクラスのメンバーにとって、時間をかけてしっかりとヴォイスに向き合うことはもう、揺るぎないものになっているので、教える側の私にとっては、楽にエネルギーが巡る空間になっています。

声が自由になる=息が自由になる=その人自身が自由になる

ここに響く個々のサウンドが一体となって、空間にはすばらしいグループの共鳴が聴こえて来た時に、

一年間近くやってきたことの確信を感じる事ができます。基本的セクションの最後のエリアまであともう少しです!!

IMG_6466

IMG_6479

image3

image4

image2

image5

image3

ステラ・アドラー演劇シーンスタディクラスは、「ザ セイムタイムネクストイヤー」に取り組んでいます。作者はバーナード・スレイド。

テンポの良い会話の中に、大人の男と女の長い人生の一年に一度の逢瀬。その背景には、戦争があったり、ウーマンリブ運動があったり、男女の機微はもちろん、社会的背景もしっかり描けている素晴らしい戯曲です。作者は、アメリカの大人気番組「奥様は魔女」の脚本も書いていた人でもあります。みなさん、イメージ湧きますか?来月は新しい人も増えるので、どんなシーンになるか、楽しみです。今月後半には、ヴォイスと演劇の1日体験ワークショップも開催予定。あたらしい方たちとの出会いにワクワクしております。

IMG_6506

IMG_6507

 

 

studio unseen 2016年1~2月一日体験ワークショップのお知らせ

 

studio unseen2016年1~2月開催!1日体験ワークショップ受講者募集のお知らせです。

参加には、演劇経験は問いません。どなたでも受講して下さい!

IMG_2412

*リンクレイターヴォイスワーク(3日間)

#L1クラス:1月11日(祝月曜日)16:00pm~19:00 pm(3hours)

テーマ:ヴォイスポエム 子どものような純粋な心で!イメージワークと解剖学的知識による自分の声への新しい出会い

#L2クラス:2月20日(土曜日)16:00pm~19:00 pm(3hours)

テーマ:私たちの脊椎。重力と抗重力の中での、最大限のヴォイス=エネルギーワークへの体験

#L3クラス:2月21日(日曜日)16:00pm~19:00 pm(3hours)

テーマ:あなたの声を、あなた自身を自由への開放へ。「タッチ・オブ・サウンド」「ハミング」「リリース」

 

*ステラ・アドラー演劇一日ワークショップ(2日間)

#S1クラスステラ・アドラー基本テクニーク 2月27日(土曜日)16:00pm~19:00pm(3hours)

テーマ:ステラ・アドラーのバックグラウンドと、基本テクニック

#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈 2月28日(日曜日)16:00pm~19:00pm(3hours)

テーマ:戯曲解釈とブレイクダウン

場所:studio unseen

〒153-0041東京都目黒区駒場3-5-6 B1F(井の頭線駒場東大前駅徒歩5分)

講師 登坂倫子:宝塚歌劇団出身。星組娘役「乙原愛」の芸名で9年の舞台生活の後、1993年渡米。ハリウッドのステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティングを卒業。現地の舞台で女優、演出家としてデビュー。2005年帰国後は日本初のステラ・アドラー演劇とリンクレイターヴォイスワークの長期クラスをスタート。2010年は初オリジナル作品「unseen~あんしぃん~」を発表。2011年夏よりスタジオunseenをオープン。2012年同スタジオ初lavo公演では、「ダウト」のシスターアロイシスを演じる。2014年日本人として初のリンクレイターヴォイスワーク国際資格取得講師に合格。

著書:「宝塚」「アート オヴ ヴォイス」現代書館

HP内クリスティンリンクレイター解説http://un-seen.net/lesson/linklater/

クリスティン リンクレイター ウィキペディア(英語)http://en.wikipedia.org/wiki/Kristin_Linklater

 

<リンクレイターヴォイスワーク内容>

スコットランド人クリスティン・リンクレイター氏によって考案されたヴォイスワークです。リラクゼイション、呼吸の認識にはじまり、心技体を通して人間の真のヴォイスを取り戻してゆきます。また、アクター自身が3~4オクターブのスピーキングレンジ(声域)を持ち、クラスを終了したあとでも自分でヴォイスウオーミングアップ(20分)出来るようにします。今回のワークショップは、3回の構成になっています。

一回目(#L1クラス)は今までの概念とは違った新しい自分のヴォイスとの出会いです。後半は、コミュニケイションとしての声のシステムを基本からわかりやすく体験し、呼吸や身体を通し、声を妨げているものを探求します。日時:1月11日(祝月曜日)16:00~19:00

2回目(#L2クラス)は様々な動きに合わせた声の体験を用いて、声を今まで力んで出していたのだとしたら、そういった概念を一転させるワークを体験します。声はもっと楽に出るものなのです。日時:2月20日(土曜日)16:00~19:00

3回目(#L3クラス)はヴォイスの広がりを探求してゆきます。思い込みによる自分の声とは違う新しい自分の声の響き、自由さを体感します。無意識下に起きている、オーガニックな腹式呼吸に対する認識が一新されることでしょう。日時:2月21日(日曜日)16:00~19:00

*内容は蓄積されてゆく構成になっていますが、受講は1日のみでも構いません。

 

<ステラ・アドラー演劇ワークショップ内容>

ステラ・アドラーはアメリカ1930年代にグループシアターで活躍し、その後ニューヨークとロサンゼルスにステラ・アドラーアカデミーオブアクティングを設立。マーロン・ブランド、アル・パチーノなど、優れた俳優を育てました。またスタニスラフスキーから演劇を直接学んだ貴重なアメリカ人でもあります。

#S1クラスステラ・アドラー基本テクニーク:彼女のドキュメンタリーDVDを鑑賞し、そのあと、基本エクササイズである、imagination(想像力)、place(場所)、action(行動)を追求し、アクターを真の体験に導くワークを行います。

日時:2月27日(土曜日)16:00~19:00(3hours)

#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈:ジョン・パトリック・シャンリィの戯曲「ダニーと紺碧の海」を読み、戯曲を解釈。そして、アクションをみつけ、シーンのブレイクダウン(分解、咀嚼)の体験です。戯曲を読む解くにはどうしたらいいか。アクターが演じられるのは、感情ではなくて、戯曲の状況のもとでのキャラクターのアクション(動作)の連動なのです。

日時:2月28日(日曜日)16:00~19:00

HP内ステラ アドラー解http://un-seen.net/lesson/stella/

各クラスお申込みhttp://un-seen.net/

メールフォームよりお申込み下さい。

 

受講料:各クラス7,000円。

定員:各クラス12名。

割引料金:2クラスご希望の方は14,000円→13,500円、3クラス受講希望の方は、21,000円→20,000円、4クラス受講希望の方は、28,000円→26,500円 5クラス受講の方は、35,000円→33,000円の、割引料金とさせて頂きます。

 

HPの、メールフォームよりお申込み下さい。その際、携帯電話番号も必須でご記入下さい。ごく稀ですが、PCからのメールが携帯に届かない場合や弾かれてしまうことがありますので、ご協力をお願い致します。

何月何日のどのワークショップを受講されるか、はっきりと明記下さい。

例)2月27日の#S1クラスステラ・アドラー基本テクニーク受講希望。

例)2月27日の#S1クラスステラ・アドラー基本テクニークと、2月28日#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈、 2クラスともに、受講希望。

例)2月28日#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈と、リンクレイターヴォイスクラス1月11日#L1クラス、2月20日#L2クラスの3クラス受講希望。

例)リンクレイターヴォイスワーク1月11日#L1クラス、2月20日#L2クラス、2月21日#L3クラス、3クラス受講希望。

例)2月28日#S2クラスステラ・アドラー戯曲解釈と、リンクレイターヴォイスワーク1月11日#L1クラス、2月20日#L2クラス、2月21日#L3クラス、4クラス受講希望。

 

*参加へのメールフォームからのお申込みは随時受け付けております。他、興味ある方、質問等、どうぞお気楽にご連絡下さい。

2016年新春の新しい出会いを楽しみにしております。

 

尚、2016年度のstudio unseenでの長期クラスは2016年3月よりスタートの予定です。追ってHPでアップ致します。よろしくお願い致します。

 

studio unseen アーティスティック・ディレクター:登坂倫子

 

 

 

 

 

 

 

2015年ステラ・アドラー演劇発表会のお知らせ

IMG_5603

 

studio unseen で毎週行われているステラ・アドラー演劇基本テクニーク&戯曲解釈クラスは、

11月1日にシーンワークの発表会を新宿の画廊で行います。

今年3月にスタートした、長期クラス。

身体、声、精神を網羅したエクササイズと、戯曲を読み砕き解釈を深める力を

一人一人のアクターが得ることを目的に構築してきました。

6人による3シーンです。ぜひご覧下さい。

 

日時:11月1日(日曜日)

場所:新宿眼科画廊

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 〔地図
info@gankagarou.com |www.gankagarou.com

一回目:14時10分開場

14時30分スタート

二回目:18時10分開場

18時30分スタート

チケット:無料

定員:30名

出演者:小泉健 斉藤絢子 長谷川尚美 日向野敦子 三島武

客演:伊藤文雄

演目:

*エクササイズ「空間におけるキャラクターアプローチ」

斉藤絢子 長谷川尚美 日向野敦子 三島武

*「かもめ」by チェーホフ より 第一幕より抜粋

トレープレフ……小泉健

ソーリン…………..伊藤文雄

*「お月さまへようこそ」by パトリック・シャンリィ より 「星降る夜に出かけよう」

男……三島武

女…….日向野敦子

「ビューティークイーン オブ レネーイ」by マーティン・マクドナー より 七場

マグ…..長谷川尚美

モーリーン….斉藤絢子

 

スタッフ:柴山佳毅 篠原透平

演出/指導:登坂倫子

場所に限りがありますので、来て下さる方は、メールフォームからお知らせを頂くか、または

出演者にご連絡を下さい。

新宿三丁目、目の保養にと作られた真っ白な空間の眼科画廊。

芸術の秋に6人のチャレンジです。

どうか、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

2015〜2016 ステラ・アドラー演劇シーンスタディクラス受講者募集のお知らせ

IMG_5683

 

studio unseen では、ステラ・アドラー演劇シーンスタディクラスの受講者を募集致します。

 

期間:2015 11月15日(日曜日)〜2016年2月14日まで

毎週日曜日 18時30分スタート 2時間半クラス

受講資格:ステラ・アドラー演劇基本テクニーク&戯曲解釈長期クラスを終了した生徒のみの参加になります。

(新たな初心者への長期クラスのスタートは2016年3月に予定しております。)

内容:ステラ・アドラー演劇の理念を元に戯曲を解釈し、身体、声、精神性の3つを網羅したワークにより、

2人のシーンをじっくりとワークしてゆきます。

受講料:月謝制。一月4回のクラスで16,000円

過去にクラスで扱った劇作家と戯曲例:

W・シェークスピア:「マクベス」「ハムレット」「真夏の夜の夢」

チェーホフ:「かもめ」「ワーニャおじさん」

テネシー・ウィリアムズ:「ガラスの動物園」「地獄のオルフェウス」「欲望という名の電車」

ユージン・オニール:「喪服の似合うエレクトラ」

ジョン・パトリック・シャンリィ:「お月さまへようこそ」「ダウト」

パトリック・マーバー「クローサー」

ジョン・ペールメイアー「アグネス オブ ゴッド」

マーガレット・エドソン「ウイット」

バーナード・スレイド「ザ セイム タイム ネクスト イヤー」

マニュエル・プイグ「蜘蛛女のキス」

デイビッド・マメット「ザ・フロッグ プリンス」

オデッツ「ゴールデン ボーイ」

レオナード・ガーシュ「バタフライズ アー フリー」

岸田國士「葉桜」

トニー・クシュナー「エンジェルス イン アメリカ」

エドワード・オルビー「ヴァージニア・ウルフなんて怖くない」

野沢尚「青い鳥」

ティム・マクネイル(現ステラ・アドラー演劇LA校演劇講師)「リース」

ハロルド・ピンター「背信」

マーシャ・ノーマン「おやすみ母さん」

他。

 

講師:登坂倫子

 

宝塚歌劇団出身の豊富な舞台経験とアメリカのステラ・アドラー演劇学校を卒業という稀有なキャリアを生かし、

舞台俳優を中心に演劇指導にあたっている。また、様々な演劇の発表の場も創作している。

2014年には日本人初のリンクレイターヴォイスワーク国際資格取得講師として承認され、表現の場を広げている。

 

 

申し込み:HPメールフォームよりお申込み下さい。

秋を迎えて#2 @studio unseen

Linklater Voice Advanced class

毎月3回のペースで行われているリンクレイターヴォイスアドヴァンストクラスは

Chanel: 顎、舌、そしてソフトパレットに来ました。

ソフトパレット(軟口蓋)は、thought によって無意識に動きます。

これを、より有効に働かせるために無意識に意識を持って、口内のスペースを広げてゆきます。

IMG_5352

しっかりとした経緯を経て、ソフトパレットの位置や働きが、各自明確になってゆきます。IMG_5353IMG_5358IMG_5363

最後は時間をかけたイメージワーク。人はコミュニケイションをしたいという強い欲求により声は派生するのですが、

まさに、それをリリース(解放)することによって、呼びかけるという行為に繋がります。
IMG_5377

Stella Adler acting class

「ステラ・アドラー演劇基本テクニーク&戯曲解釈クラス」ではいよいよ発表会のシーンが決まりました!

使う戯曲は

「かもめ」by チェーホフ

「お月さまへようこそ」より「星降る夜に出かけよう」by J・P・シャンリィ。

そして「ビューティークィーンオブレネーイ」by マーティン・マクドナー。

IMG_5418IMG_5419IMG_5417

どれもやりがいのある素晴らしいシーンです。サポートに伊藤文雄さんに入ってもらい、3組のシーンワークが始まります。

秋を迎えて…..@studio unseen

暦は9月になりました。

studio unseen では、現在「ステラ・アドラー演劇基本テクニーク&戯曲解釈」

「リンクレイターヴォイスワーク基本クラス」「リンクレイターヴォイスワークアドヴァンストクラス」の、3つの長期クラスが行われています。

 

「ステラ・アドラー演劇 基本テクニーク&戯曲解釈」クラスでは

チェーホフの名作「かもめ」に取り組んでいます。

冒頭の「何故あなたは、いつも黒い服を着ているのですか?」

有名なメドヴェジェンコのセリフから始まるシーンが課題。

これは、シーンをやる前に、アクターの心身をウォーミングアップしているところです。

シーンのブレイクダウンはもちろんですが、大胆な発見を体験してゆくエクササイズも

有効です。9月からは、いよいよ11月の発表会に向けて、各自戯曲とシーンが渡されて行きます。

IMG_5256IMG_5254IMG_5255

 

「リンクレイターヴォイスワーク基本クラス」では、連日の猛暑で少しエナジーが低くなりがちなところを、サウンドムーブメントでエナジーアップ。

骨格の各パートにイメージの「色彩」を入れてゆき、それを動きとサウンドで響かせてゆくものです。

「雪のような純白な頭蓋骨」「黄金色の脊椎」「ホットピンクの骨盤」

など、生徒達は自由にイメージを持って身体を鳴らし始めます。

そのワークのあとで、対話が始まります。

通常出さない声、もはやサウンドと言ったほうがしっくりきます。

人間が言葉を発する以前の、原初的なコミュニケイションを体験してゆくのです。

3月から始まり6ヶ月間続いたヴォイス基本クラスは、前半が8月で終了。2週間のお休みを挟んで、後期クラスは9月20日から始まります。グループレッスンでの醍醐味、皆で学び合う時間が

芸術の秋に始まろうとしています。

IMG_5251IMG_5289
IMG_5301
IMG_5298IMG_5304

2015年~2016年リンクレイターヴォイスワーク基本後半クラス生徒募集のお知らせ

IMG_2156

studio unseen では、Linklater Voice Work の基本コースの

後半クラス受講希望生徒を募集致します。

 

期間:9月20日(日曜日)〜2016年2月末まで

毎週日曜日 15時スタート 2時間半クラス

受講資格:Linklater Voice Work 基本長期クラスの前半を終了した生徒のみの参加になります。

(新たな初心者への長期クラスのスタートは2016年に予定しております。)

後半では、前半で体験した呼吸、身体、ハミング、重力と反重力の関係の声のリリースなどを学んだ上での、

チャンネル(顎、舌、ソフトパレット)ワークから、共鳴体(喉、胸、口、歯)

肋骨を理解し肺と横隔膜のエクササイズ、高音域の鼻腔、鼻梁、身体全体にサウンド(声)を響かせてゆく

Ranege, ファルセット、

そして、モノローグや詩を使ったアーティキュレーション(滑舌)のエクササイズ

を学んでゆきます。

講師:登坂倫子

スコットランド人の、このヴォイスワークの創設者クリスティン・リンクレイター氏から直接学びを受け、

現在日本で唯一国際資格取得を得たリンクレイターヴォイス講師として活動を広げている。

宝塚歌劇団出身の豊富な舞台経験とアメリカのステラ・アドラー演劇学校を卒業というユニークなキャリアを生かし、

舞台俳優を中心にリンクレイターヴォイスワークを教える一方で、様々な演劇の発表の場も創作している。

受講料:月謝制。一月4回のクラスで16,000円

 

申し込み:HPメールフォームよりお申込み下さい。

© 2005-2012 studio unseen.