Jump to the footer menu

studio unseen

Linklater Voicework

どんなヴォイスワーク?

リンクレイターヴォイスワークの恩師エレーナ・マクギーに初めて出会ったとき、私はなんて、喜怒哀楽のすべてがその顔に現れている人なのだろうと、息を飲みました。

彼女は私にこういったのです。

noriko, if you have strong voice, you can be storing.

倫子、もしあなたが強いヴォイスを持つことが出来たら、あなた自身が強くなれるわ。

現在、studio unseenで行なっているリンクレイターヴォイスワークは、一言で言うならば、その人の存在そのものが変わるヴォイスと言っていいでしょう。

創設者のクリスティン・リンクレイター女史は、あのアップル創設者のスティーブ・ジョブズ氏の生涯の愛読書「弓と禅」に出会い、このヴォイスワークを創りました。東洋の西洋のアイデアの融合、呼吸=魂にまず向き合い、そして重力=風土に抗わないヴォイスワーク... そこであなた自身の声を聴くことが出来るのです。

フリーイング・ザ・ナチュラル・ヴォイス

このヴォイスメソッドはニューヨークコロンビア大学で教鞭をとる、クリステイン・リンクレイターによって創作され、現在は多くのアクターがアメリカ、またヨーロッパで学んでいます。 「フリーイング・ザ・ナチュラル・ヴォイス」と呼ばれるこのヴォイスワークは、真実のヴォイスを追求するものと言えます。人として、演技のみならずコミュニケーションのための唯一の楽器はヴォイスです。

このヴォイスを妨げてしまう3つの障害、Alignment(体型)Tension(緊張)Emotion(心のトラウマ)といったものを、様々なエクササイズを通し取り除き、ヴォイスの幅、強さを発達させ、また細やかな感情表現ができるようにします。

まさに心技体を通し、ヴォイスを自由にすることによって、感情豊かな心からの言葉を発することができるようになるのです。そして、表現する側が、明快な声、はっきりとした滑舌、そして自分自身が何を伝えたいのか明らかにすることで、そのコミュニケーションはダイナミックなエネルギーをもって、観客もしくは聞き手に伝わるのです。

エクササイズのプロセスを通して、アクター自身がスピーキングヴォイスとして

  • 3〜4オクターブの音域を持つこと
  • 自分自身で20分のヴォイスウォーミングアップができるようになること

が目的です。 私がこのメソッドに出会ったときに、これこそが日本に必要と直感しました。これを通し、自分自身を自由に表現できる明快なヴォイスワークを伝えることに使命を感じています。

リンクレイターヴォイス基本クラス

現在N.Yコロンビア大学で教鞭をとっていクリスティン・リンクレイター氏が考案したヴォイスワークです。自分自身の声、自然でストロングな声、3 - 4オクターブの声の幅­、7ヶ月かけて基本を学ぶクラスの動画です。

© 2005-2012 studio unseen.